旧日本海軍の戦艦「比叡」がおよそ77年ぶりに発見される!ソロモン諸島のサボ島北西沖の海底にて

出典:Facebook(@rvpetrel)

旧日本海軍の戦艦「比叡」がおよそ77年ぶりに発見されて話題となっています。

発見したのは、マイクロソフトの共同創業者である故ポール・アレン氏の沈船捜索チーム。2月4日、ソロモン諸島のサボ島北西沖の海底にて発見されました。

出典:Facebook(@rvpetrel)


出典:Facebook(@rvpetrel)

比叡は、太平洋戦争では真珠湾攻撃にも参加。1942年11月、カダルカナル島をめぐる第三次ソロモン海戦にて、サンフランシスコのUSSの砲弾で操縦不能となり、その後、複数の種類の魚雷や潜水艦、B-17爆撃機による攻撃を受け、沈没しました。

出典:Facebook(@rvpetrel)

現在、サボ島の北西、海底約900メートルの地点でひっくり返っているという比叡。

出典:Facebook(@rvpetrel)

今でも、高射砲やスクリューなど、各部が確認できます。

出典:Facebook(@rvpetrel)

比叡は1914年に横須賀海軍工廠で竣工。観艦式では昭和天皇が座乗。「御召艦」としても知られています。同捜索チームのFacebookでは、比叡の各部の写真が閲覧できます。

Battleship Hiei

戦争の跡をこうした形で目にする度に、戦争の壮絶さをはじめ、様々なことを考えさせられます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(@rvpetrel)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加