堀ちえみさん(52)がブログにて『ステージ4の口腔がん』であることを公表


タレントの堀ちえみさん(52)が、2月19日(火)自身のグログにて、ステージ4の口腔がんであることを公表しました。

堀さんは、2018年夏ごろに舌の裏側に小さい口内炎を発見。通常の口内炎よりも治りが遅い為、病院を訪れ塗り薬等で治療していました。しかしながら11月になっても症状の緩和が見られなかったため、レーザーで患部を薬などの様々な治療を受けたとのこと。それでも症状は悪化するばかりだったのでおかしく思い、自身で『舌癌』について検索し、今年1月に大学病院を訪れ、癌が発覚したそうです。

堀さんはブログで病状のことに加え、家族への思い、今後の治療の方針についても語っています。

以下、堀さんのブログより抜粋してご紹介します。

さて、この度は皆様に、 
大切なご報告があります。 
 
私、堀ちえみは、 
口腔癌(左舌扁平上皮癌)と、 
診断されました。 
 
いわゆる舌癌です。 
 
ステージは4です。 
 
 
(中略) 
 
 
東京郊外や他県に住んでいる、 
子供たちには電話で伝えてくれました。 
 
それぞれやはり、 
ショックを受けていたそうです。 
 
そして自宅に住んでいる、 
高校3年生の息子と、 
高校1年生の娘には、 
夫婦ふたり揃って、 
告げました。 
 
息子も動揺していました。 
 
娘にはポロポロ涙を流して、 
大泣きされてしまいました。 
 
「リウマチのお薬のおかげで 
やっと良くなって 
全身の痛みから解放されて」 
 
「今度は癌だなんて」 
 
「辛すぎる」 
でした。 
 
この言葉を聞いた夜に、 
私は初めて泣きました。 
 
 
(中略) 
 
 
「自分の人生、悔いなし」 
 
「このまま治療せずに 
人生の幕を閉じてもいいのかな」 
 
と正直そういう事も考えました。 
 
公表せずにいようとも考えました。 
 
ですから癌を告知された後も、 
口内炎とブログ上で表現し続けておりました。 
 
申し訳ございませんでした。 
 
私が「生きる」為に、 
頑張らなければと決心したのは、 
末娘の涙と言葉でした。 
 
今思い出しても胸が張り裂けそうです。 
 
「お母さんは病気ばかりで 
可哀想な人生だった」と… 
 
そういう思いを、 
子供たちの心に残したままで、 
闘いもせずに諦めて良いのだろうか… 
 
主人と子供たち、 
家族の為に、 
私はまだ生きなければならない。 
 
そう気持ちを切り替えて、 
長く辛い闘病に、 
チャレンジする事を決意致しました。

出典:ameblo.jp

応援の声続々

このニュースに対し、SNSでは堀さんへの応援の声が続々寄せられています。





家族の言葉から治療の道を選択した堀さん。元気になってまた私たちの前で太陽の様な笑顔を見せてくれることを祈っています。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:ameblo.jp

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加