【実録マンガ】2011年3月11日。あの日神戸のとある街の小学校で起こっていたこと

2019.3.12


2011年3月11日。私たち日本人にとって忘れることのできない「東日本大震災」が起こった日。

被災された方はもちろんですが、物資の不足を目の当たりにしたり帰宅難民になったりと、都内にいた筆者でさえ大きな不安を覚えた、長い長い一日でした。

そんな3月11日、神戸のある小学校ではこんなことが起こっていました。その小学校があったのは、1995年に発生した阪神淡路大震災での被害が非常に大きく、建物のほとんどが半壊してしまった地域でした。

3.11 あの日神戸のとある街の小学校で起こっていたこと






『俺ら震災とき世話なったん返さなあかんからな』


おっちゃんの言葉が胸に響きます…。

東日本大震災の日、関西の揺れはそこまで大きくなかったと記憶していますが、報道を見て、居ても立っても居られなくなったのでしょうか。おっちゃんや地域の人の行動から、被災地で生き抜いてきた人たちの苦労や、当時支援してくれた人への並々ならぬ感謝が感じとれます。

この投稿に寄せられたコメント

この投稿には、

「校長先生の発想といかついおっちゃんの行動力がスゴい」
「おっちゃん、漢ですね。」
「この助け合いの精神こそが日本人ですね。」


などなど、非常にたくさんのコメントが寄せられました。

そういえば、2016年4月に熊本で地震があった際、「今度は自分たちが助ける番」といって東北地方の人たちからの支援や物資が次々届いた、という話もありましたよね。被災者にとって他の地域からの支援は、それだけ印象深く、物理的にも感情的にも支えになるもの。私自身にも、まだまだ何かできることはないか、改めて考えてみようと思いました。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kazusa_pb)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加