高松琴平電気鉄道(ことでん)の新元号記念ICカードが攻めすぎ!「あの放送事故を再現するとは…」

出典:Twitter

「あの放送事故を再現するとは…」「そこをピックアップするなんて、予想できなかった…」

香川県の鉄道会社・高松琴平電気鉄道(ことでん)の新元号記念ICカードが攻めすぎだと話題になっているのでご紹介します!

出典:wikipedia.org

ことでんでは新元号「令和」を祝い、「記念IruCa」や「記念きっぷ」を発売。そして、その中で反響を呼んでいるのが、新元号発表早々のアクシデントをモチーフとした「記念IruCa」のデザインです。


出典:Twitter

新元号の発表会見の時、菅官房長官が「令和」の額縁を掲げましたが、NHKが中継した際に左上に表示されていた手話通訳の画面とちょうど重なってしまい、元号が見えなくなるという世紀の「放送事故」が発生しました。

そして「記念IruCa」は、まさにその時の画面の構図をそのまま可愛らしいイルカのことちゃんが再現したもの…!!なかなか思い切ったアイディアですよね。

「勇気がすばらしい」など… SNSでも話題に


SNSでも、「NHKの世紀の大失態・放送事故を商品にするという勇気がすばらしい」「そこをピックアップするとは誰も思わなかったな」「隠してる場所とか手話の人とか、手話の人の後ろの国旗まで似せていたり、かなりこだわっている」などの声が寄せられていました。

同ICカードの発売日は5月3日(金・祝)~。販売金額は2,000円で、発売枚数は800枚(お一人様2枚まで。なくなり次第終了)。瓦町駅2階コンコース 特設ブースで販売するそうです。

さすがに、放送事故をICカードのデザインにしてしまおうという発想はありませんでした。こうした遊び心がある会社も良いと思います!

「新元号記念2daysフリーきっぷ」「新元号IruCa」の発売について – 高松琴平電気鉄道株式会社 公式サイト


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:wikipedia.org / kotoden.co.jp / Twitter(@irucakoto)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加