試合中にFKを巡り味方同士で喧嘩が勃発!しかし笑ってしまうほどの見事なゴールに最後は仲直り♪

出典:Twitter

アメリカとカナダのプロサッカーリーグ(MLS)の「ニューヨーク・レッドブルズ」対「トロントFC」戦で起きた、ほっこりする出来事が話題になっているので紹介します!

味方同士で喧嘩が勃発!しかしその後・・


試合で後半25分が過ぎ、トロントFCが相手のゴール前でFK(フリーキック)を獲得したときのことです。

トロントFCにとっては大きなチャンスだというときに、まさかの味方同士で喧嘩が起きてしまいました!

出典:Twitter

フォワードのジャーメイン・デフォー選手とジウベルト選手がフリーキックのキッカーを巡って揉めています。

チームの勝利を願うあまり、選手同士でいざこざが起こってしまうのはプロのサッカー試合ではよく見られる光景ですね。

結局、半ば強引な形でキッカーがジウベルト選手に決まり、デフォー選手は不機嫌な様子を見せます。

出典:Twitter

しかし見事なゴールを決める、ジウベルト選手。

出典:Twitter

これには思わずデフォー選手もニッコリ!

出典:Twitter

ジウベルト選手の見事なゴールを称え、肩を組むほど仲直りしました♪

出典:Twitter

▼ その動画がこちら


途中でもめることはあっても共に勝利を目指す選手同士の絆が垣間見えて気持ちがいいですね!

そしてこの日、トロントFCはこのゴールでリードするも、後半アディショナルタイムに失点してしまい試合は引き分けに終わりました。

ちなみにこのジウベルト選手、トロントFCに移籍して間もない状態で英語をあまり話せず、そのせいでデフォー選手と上手くコミュニケーションをとることが出来なかったのも喧嘩の原因ではなかったのかと言われています。

しかし、今回の仲直りで今まで以上に絆は深まったのではないでしょうか!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@official433)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加