「怒ってらっしゃるぅぅ」風の谷のナウシカに登場する“王蟲(オーム)”のようなタケノコが発見される!

2019.4.26


宮崎駿監督の名作『風の谷のナウシカ』に登場する“王蟲(オーム)”のようなタケノコが、画家の棚村彩加(@Keko_Art)さんに投稿されて話題となっています!

王蟲といえば、同作品に登場する巨大生物。14個の眼と多数の歩脚などが特徴ですよね。

普段は青い眼の色は、怒りなどで精神的に高揚すると赤くなります。投稿された画像のタケノコは、まさに王蟲が怒っている時…!? こちらが反響を呼んでいるツイートです。




こんなにたくさんの王蟲が…!!

見れば見るほど、“王蟲感”がハンパないですよね。ちなみに、赤いぶつぶつの見られるタケノコは新鮮であるとされています。王蟲に例えるのであれば、怒っている!?のかもしれませんが、食べたら美味しそうです。

(寄せられていた声)


実際の映像を見ながら再現されたとのことですが、その甲斐もあってか王蟲そのものです。

食べてしまうのがもったいない!?くらいのタケノコでしたね。風の谷のナウシカを久しぶりに観たくなってきました。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Keko_Art)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加