女子が使うトイレの隠語「お花を摘む」の由来知ってる?男性の場合の言い方や意味も


世の中には様々な「隠語」が存在します。全く別の言葉で表した仲間内だけのシークレットワードのようで、知っているとなんだか得した気分になりますよね。

そんな隠語の一つ「お花を摘む」という言葉は有名ですが、意味や由来について正しく理解していますか?今回はこの「お花を摘む」という隠語にまつわるお話をご紹介します。

「お花を摘む」の意味は?


「お花を摘む」と聞いたら、なんだかメルヘンチックな印象を受けますよね。ご存知の方も多いと思いますが、実はこの「お花を摘む」という隠語には「女性が用を足す」という意味が隠されています。

「トイレに行ってきます」という言葉の代わりに「お花摘みに行ってきます」というように使われ、全く知らない人が聞くと勘違いしてしまいそうな表現ですが、知っておくとどんなシチュエーションでも気軽に使えてとても便利な隠語ですよね。

「お花を摘む」の由来は?


元々は登山用語だった


元々は登山用語として使われていたもので、山中に外でトイレに行く際に女性が「お花を摘んできます」といった風に使っていたそう。現在では飲食店などで従業員の方が使っているのを耳にすることがありますが、女性らしい上品な表現なので人前でも使いやすい気がします。

なぜお花を摘むなのか?


「お花を摘む」と「トイレ」、この二つに共通点はなさそうですが、その姿を思い浮かべてみると分かるかと思います。お花を摘む姿と和式のトイレで用を足す姿、よく似ていると思いませんか?そうした見た目の似ているさまが言葉の由来になったようです。

男性の場合の言い方もあるの?


同じく登山用語で「雉打ち」


実は「お花を摘む」という女性のトイレを指す隠語同様、男性の場合の言い方も存在します。それが、同じく登山用語で「雉打ち(きじうち)」というもの。

なぜ雉を打つなのか?


こちらも由来はその見た目からきており、男性が登山中に外で用を足す姿が「雉を撃つ猟師のよう」と例えられ使われるようになったと言われています。

また「お花を摘む」との違いとして「雉打ち」には二種類あり、大の時は「大雉」、小の時には「小雉」といった使い分けもあるということ。上手いこと表現されていて面白いですよね。

他にもいろいろトイレの隠語


「お花を摘む」や「雉打ち」がよく知られている隠語ということもあって、中にはかえって使いにくいと感じる人も多いようです。そんな人たちの間で使われている様々なトイレの隠語がこちら。

〇番


「休憩は1番、トイレは2番」といった具合に番号を取り決めているパターン。隠語かな?と予想はつくけれど、それが何を意味しているのかは仲間内の人しか分からないため使いやすいポピュラーな表現ではないでしょうか。

在庫確認してきます


職場内だけでなくお客さんの前でも自然と使えそうな「在庫確認してきます」というフレーズ。接客業の場合、「トイレ行ってきます」と大声でいうわけにもいかないので、こんな隠語で伝えられたらいいかもしれませんね。

泳いできます


水繋がりなのか、中には「泳いできます」といったユニークな言い方をする人もいるようです。職場で誰かがこの言葉を発すると空気が一気に和みそう!「頑張って」「気を付けて」なんてつい返事をしまうかもしれませんね。

レコーディング


なぜにレコーディング?と思ったら、「音入れ」と「御トイレ」をかけてレコーディングなんだそう。カッコイイ響き!ただし、お客さんの前で「レコーディング行ってきます!」なんて言ったらかえって余計な注目を集めてしまいそうな気もします。

【まとめ】有名な隠語「お花を摘む」の意味や由来は?


有名な隠語「お花を摘む」には「女性が用を足す」という意味があり、その由来は動作ががよく似ていることからきています。男性の場合は同じ意味が「雉打ち」という隠語で表され、どちらも元々は登山用語。

なんとなく知っていたという方でも改めて理解すると面白いですよね。日本人独特の言葉遊びやユーモアが感じられ隠語の奥深さには驚かされます。この他にも日常でよく耳にする隠語についてぜひ調べてみたいですね。

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加