キム・カーダシアンの下着ブランドが批判を受け、ブランド名を「KIMONO」から変更すると発表!


出典:Twitter

米タレントのキム・カーダシアンさんの下着ブランドが「日本文化の盗用だ」などと批判を受けていたことが問題となっていましたが、そうした批判を受け、商標登録申請していたブランド名を「KIMONO(キモノ)」から変更すると発表。大きな話題となっています。

激しい批判を受けていた

カーダシアンさんは7月1日、自身のSNSでブランド名を変更することを以下の様に発表しています。

私のブランドと商品は、包括性と多様性を基にして作られています。慎重に検討した結果、私は新しい名前でSolutionwearブランドを立ち上げる予定です。いつもご理解とご支援をありがとうございます。

カーダシアンさんは数日前、新たな下着ブランド「KIMONO」を発表。しかし、そのブランド名がSNSで物議を醸し、日本からも伝統的な装いに対する敬意を欠くとして、同ブランド名の再考を求める声が挙がるなど批判されていました。

こちらが渦中のカーダシアンさん。


出典:Twitter

ブランド名変更を受けても批判は止まず

今回のブランド名再考の発表を受け、納得の声を挙げる方々がいる一方で、「まだまだ油断できない」「謝罪していない」といった批判の声が多数見受けられました。

・文化の盗用とまで言われてもこの開き直った態度。絶対に自分が悪いとは言わない。 
 
・結局「あら、知らなかったわー、直すわね!」「ありがとう」という感じで幕引きでしょうか。商標登録しようとした時点で悪意というか、思惑有りまくりだと思うのですが。 
 
・kimonoという名前の権利は失ったものの、キム・カーダシアンは日本で名前が売れたからよかったですね。だいぶお騒がせだったけど。 
 
・ユカタとかにしそう笑 
 
・どうなることやら。油断大敵ですね。 
 
・謝罪もしていないし、また違う日本の文化に関係した名前にしそう。日本ぽいネーミングにしたら売れるからね。 
 
・やはり炎上商法でした。日本の着物が炎上商法に利用されてしまった…。

京都市長も再考を求めていた

京都の門川大作市長も、「私たちは、『KIMONO』『きもの』『着物』の名称は、きものやきもの文化を愛するすべての人々共有の財産であり、私的に独占すべきものではないと考えます。是非私たちの思いをお汲み取りいただき、ブランド名としてのご使用についてお考え直しいただきたく存じます」と呼びかける文書を京都市の公式サイトで発表し、同ブランド名の再考を求めていました。

ブランド名を変えると発表したことで、批判がおさまるどころかますます強くなっている今回の件。この問題については、今後も各方面から様々な意見が飛び交いそうです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@KimKardashian) / city.kyoto.lg.jp

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事