米津玄師のLemonを聴いた息子の大人っぽい感想にびっくり!小学2年生の意見とは思えない!

2019.7.21


Twitterユーザーのしげ子(@miokotoba)さんが投稿した、小学2年生の息子さんとのエピソードが話題になっているのでご紹介します!

感受性豊かで素晴らしすぎる!

学校の給食の時間に流れる、米津玄師さんの名曲「Lemon」を聴いた小2の息子さんは、そのサビ部分に出てくる「雨が降り止むまでは帰れない」という歌詞に疑問を感じたそうです。

しげ子さんはそんな息子さんに「傘を忘れたんじゃない?」と適当に答えたところ、まさかの深すぎる意見が息子さんから返ってきました。


お、おぉ、まさかの詩的な返しに、お母さんはタジタジだったようですね(笑)

それにしても息子さん、めちゃくちゃ感受性豊かで素晴らしいなぁ!このエピソードにTwitterユーザーたちからも絶賛の声が届いています。


子どもの感性は本当に素晴らしいですね。そしてその曲を作った米津玄師さんもすごい!

多くの人の心を震わす、米津玄師の名曲「Lemon」

2018年にリリースされた米津玄師さんの「Lemon」は、2018年1月に放送されたTBS系列のテレビドラマ『アンナチュラル』の主題歌で有名ですね。

Wikipediaによると、この楽曲を制作しているときに米津さんの祖父が他界したそうで、それがきっかけで自分の中の「死に対する価値観」が変わり、悩みながらかなりの時間をかけて曲を完成させたそうです。

そんな「Lemon」の歌詞をしっかりと理解しようとした、しげ子さんの息子さんは本当に素晴らしい感性の持ち主だと思います!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@miokotoba) / wikipedia.org

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加