日本原産オオスズメバチ!世界最強のハチの生態に迫る!

2019.9.13

オオスズメバチ
恐ろしい虫、オオスズメバチ。世界最強ともいわれるその生態は、人間でさえ恐れおののく伝説がたくさん!

ただ毒があるだけじゃない!オオスズメバチの恐ろしさがよくわかる生態を詳しく解説していきます!

日本原産の超危険昆虫オオスズメバチ

オオスズメバチの姿 出典:Wikipedia

オオスズメバチの最強伝説を知っていく前に、まず基本的な生態をお勉強しましょう。

オオスズメバチの基礎知識


オオスズメバチは、ハチ目スズメバチ科スズメバチ亜科スズメバチ属に属する昆虫。日本をはじめ、東アジアから東南アジアにかけて幅広く分布しています。

オオスズメバチも多くのハチの仲間と同じく女王バチを中心とした社会を形成しています。体長は女王バチが40~55㎜、働きバチは27~40㎜。オスバチは27~45㎜程度です。オスのハチは毒針を持っておらず、働きバチは主にメスバチ。日本に生息するハチの中では毒性が最も強く、最も攻撃性の高い最強のハチです!

名前の由来は?


オオスズメバチをはじめとするスズメバチの名前の由来には、「スズメ並みの体の大きさ」と「巣の外壁の模様がスズメの模様に似ていること」の2種類の説があります。巣の模様に関してはおそらくキイロスズメバチという種類のものを指しているのではないかと言われています。

オオスズメバチの毒は最強の毒

恐ろしい毒
オオスズメバチの毒はアミン類の毒。さらにスズメバチの仲間の中では唯一マンダラトキシンという強力な神経毒を含んでいます。

オオスズメバチに刺されると刺された部分がパンパンに腫れあがり、場合によってはアナフィラキシーショックを起こしてしまう可能性も!

オオスズメバチの顎は最強の顎

スズメバチのイラスト
オオスズメバチの武器は毒針だけではありません。その顎は昆虫の中でも最強で、敵をかみ砕いて肉団子にしてしまうことができるほど強いといわれています。

オオスズメバチは敵と遭遇した時、その強い顎を鳴らして音を鳴らし、威嚇します。カチッ、カチッという顎を鳴らす音が聞こえてきたら、戦闘モードの合図なんです!

他にもあるぞ!オオスズメバチの恐ろしい能力

スズメバチの群れ
オオスズメバチは非常に好戦的で戦闘に特化したハチです。その恐ろしい能力をひとつずつ見ていきましょう!

仲間を呼ぶ


もしも敵に遭遇した際、オオスズメバチは顎をカチッ、カチッと鳴らした後おしりからフェロモンを出します。このフェロモンに仲間を呼び寄せる成分が含まれているんです。

仲間の攻撃力を上げる(バイキルト)


仲間を集める働きのあるフェロモンは、仲間の攻撃力をアップさせる効果も持っています。某ゲームでいうところの「バイキルト」のような働きです。これが実在する生き物が持つ能力だなんて、とんでもなく恐ろしいですね……!

毒噴射


オオスズメバチの毒針は皮膚を刺すだけでなく、毒液を噴射することもできます。この毒液は人間を失明させるほどの毒性を持っているのだとか!

高速移動


人類最速といわれるウサイン・ボルト選手の最高記録は36㎞。対して、オオスズメバチは時速40㎞で飛ぶことができます。オオスズメバチが本気を出したら人類最速の男でも逃げ切れません!

まだまだあるぞ!オオスズメバチ伝説

スズメバチの巣

米キラービーの駆除に駆り出されたけど……


1994年にアメリカで猛威を振るい始めた、アフリカナイズトミツバチとセイヨウミツバチの混合種のハチ。非常に凶暴な性質を持ち、アメリカで多くの死者を出している「キラービー」の異名を持つこのミツバチの駆除に、オオスズメバチを使うことが提案された時期があったそうです。

ですが、その後オオスズメバチの方がキラービーよりも凶暴であることが発覚し、あまりに危険すぎるとその話は見送られたのだとか!オオスズメバチがどれほど凶暴かがよくわかるエピソードですね。

ミツバチ3万匹VSオオスズメバチ30匹


ネットで話題となったこの動画。オオスズメバチがミツバチの幼虫を食べるためにたった30匹でミツバチ3万匹の軍勢に向かっていくものです。


動画の中で、オオスズメバチはたったの30匹でミツバチ3万匹を全滅へと追い込みます。残酷に見えますが、これが弱肉強食ということなのでしょう……。

年間数十人の死者を出している


オオスズメバチによって年間数十人の死者が国内で発生しています。大きな体を持つ熊による死者が年間10人未満ですから、凶暴で大きな熊よりもオオスズメバチの方が恐ろしい生き物なのかもしれませんね。

オオスズメバチを脅かす最強の天敵たち


最強生物・オオスズメバチにも天敵がいます!それは、オオスズメバチと同じく最強レベルの戦闘力を持つ昆虫たち。そして、さっきもちょっと名前が登場したあの動物も?

昆虫界の空の王者「オニヤンマ」

オニヤンマ 出典:Wikipedia

トンボとしては最大サイズの空の王者・オニヤンマ。オオスズメバチよりも機動力が高く、飛んでいるオオスズメバチを突然襲って食べてしまいます!

昆虫界の陸の覇者「カマキリ」

カマキリ 出典:Wikipedia

茂みなどでじっと身を潜め、獲物を待つカマキリ。その狩りの能力は非常に高く、“陸の覇者”ともいわれます。特にオオカマキリは力の強さと鋭い鎌を持ち、オオスズメバチの毒針をも封じてしまうのだとか!

隠密昆虫「ムシヒキアブ」

ムシヒキアブ 出典:Wikipedia

オニヤンマと同じく空中戦に強いムシヒキアブは、飛んでいるオオスズメバチの背後に襲い掛かります。ムシヒキアブは奇襲に長けており、一度捕まってしまえばオオスズメバチもかなわないとか!

オオスズメバチもなす術なし「熊」

熊 出典:Wikipedia

なんだかんだで最強なのが大型の熊さんです。野生の熊にはオオスズメバチの毒も最強の顎も全く通用せずしません。巣ごとペロリといかれてしまいます。

【まとめ】世界最強のスズメバチの生態!

スズメバチはこわい
世界最強のスズメバチ、オオスズメバチには私たちが知らない生態がたくさん。意外と天敵も少なくないこともわかりましたが、やっぱり恐ろしいことに違いはありませんね。

もしもアウトドア中などに出会ってしまったら、できるだけ走ったりせずに落ち着いたスピードでその場を離れましょう。ハチも驚くと攻撃してきます。刺激しないようにして、来た道を戻るようにしてくださいね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(30 Japanese Giant Hornets kill 30,000 Honey Bees) / Wikipedia(オオスズメバチ) / Wikipedia(オニヤンマ) / Wikipedia(カマキリ) / Wikipedia(ムシヒキアブ) / Wikipedia(クマ)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加