目の前をワニが通過するもプレーを続行!命がけのショットを放ったゴルファーが話題に

ゴルフ場に巨大なワニが侵入するニュースは時折耳にすることがあると思いますが、目の前をワニが歩いているにもかかわらず、プレーを続行するニュースはなかなか聞きませんよね!?

今回話題となっているのは、ワニを目の前にしてナイスショットを放った瞬間の動画です。

至近距離だけど・・

FOX NEWSによると、場所はフロリダ州オーランドのゴルフ場。ラファティさんがボールを打とうとすると、約2メートルのワニがおもむろに登場。のっしのっしと横切っていきます。

しかし、ラファティさんはワニから遠ざかろうとはせず、なんとそのままプレーを続行!

すごい絵ですよね・・ワニもラファティさんもお互いにやりたいことを好き勝手にやっている感じと言いますか・・(笑)

こちらがその瞬間をとらえた動画です。本来であれば緊迫の瞬間なのですが、人間と動物とが共存している平和な光景にも見えてくるのは気のせいでしょうか。

ワニには馴れていた!?

どうやらラファティさんは、プロのウェイクボーダーとのことで、常日頃から水中で過ごすことが多いそうです。そこで周りにワニがいることも時折あるようで、普通の人よりもワニには馴れていたそうです。

とはいえ、目の前をワニが歩いているにもかかわらずプレーを続けるなんてすごいですよね。なかなかこういうシチュエーションはないはずですが、命にかかわるので真似してはいけません(笑)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Instagram(@steellafferty) / foxnews.com

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事