不思議な動物「バビルサ」の牙が伸びすぎて自分を刺してしまう?自分の死を見つめるといわれる所以

2019.9.22


通常、動物の牙は餌になる動物を捕食するため、もしくは自分を守るために発達します。しかし不思議なことになぜか自分の牙で死ぬことがあるという動物がいます。

それが「バビルサ」です。成長と共に自分の牙が脳天に向かって伸びてきて、最終的にはその牙で死に至る。

…という話が広がり「自分の死を見つめる動物」といわれるようになったバビルサを今回ご紹介します。

バビルサという動物

出典:wikipedia.org

バビルサはイノシシの仲間です。現在絶滅危惧種に指定されており、日本では動物園を含めて飼育はされていない動物になります。

バビルサの生息域


インドネシアのスラウェシ島とその周辺の島にのみ分布する動物です。赤道に近いスラウェシ島は熱帯雨林が広がっており、その中の川辺や湖岸なといった水辺に生息しています。

バビルサの生態


体長は80㎝~100㎝、肩高が60cm~80㎝、体重は最大100㎏程とされています。体色は生息地の水辺で保護色となる灰褐色をしています。また、泥浴びをよくすることで、水辺への迷彩効果を強化するとともに、体温の上昇防止や寄生虫の除去、更には乾燥による皮膚病を防止と様々な効果を発揮しているようです。

勇ましい牙に似合わずバビルサは臆病で用心深い性格をしているため、異変を察知するとすぐ逃げ出すといいます。

名前の由来はブタとシカ?


バビルサという名前は現地、スラウェシ島の言葉でを意味するバビと鹿の意味があるルサを合わせた言葉です。鹿のような角を持つ豚という意味なんですね!バビルスのそれは角ではなく伸びすぎた牙ですが。

過酷な日々を過ごすバビルサの生き方

出典:wikipedia.org

天敵が多いわけでもなく、日照りや水が無い環境に住んでいる訳でもないバビルサですが、進化の果てに自ら過酷な生き方を選択したとしか思えない生き方をしていますのでご紹介します。

謎が多いバビルサの牙

出典:wikipedia.org

バビルスには上あごと下あごそれぞれから生えた二対の牙があります。この牙は上下共に生涯伸び続けます。まず下あごの犬歯が発達した牙、これは通常のイノシシにもある生え方です。しかしバビルスの場合、その牙が伸び続け、異様な長さになります。!

上に伸びる牙


下あごの伸び続ける牙も特徴ですが、更に異様なのが上あごの犬歯が発達した牙です。通常下に向かって伸びる牙が上に向かい伸び続け、自身の目と鼻の間を貫いて一見角のように伸び出てくるのです!

牙が自身の肉を貫いて伸びてくるという状態もすさまじいですがですが、バビルスの牙はさらにそこから脳天に向かって湾曲しながら伸び続けます!通常、この伸び続ける牙が脳天に達する前に寿命などで死んでしまうのですが、極稀に自身の伸びた牙が脳天に達して死亡してしまうそうです。

この脳天に向けて伸び続ける牙を見続け日々を過ごすため「自分の死を見つめる」といわれているんですね!自らに死を呼ぶ自分の牙というのも恐ろしいですが、それが日に日に近付いてくるのを見続けないといけないというのは耐えきれないものがありますね。

伸び続ける牙は女子へのアピール?


この伸び続ける牙は何のために存在するか不明とされてきましたが、牙が生えているのがオスのみという事、伸び続ける牙が長い個体ほど多くのメスと交尾する機会が多いという事から、牙はオスのメスへのアピールになっていると考察されています。

更に、オス同士のケンカでは相手の牙をへし折る事があることから、折れたり欠けたりしていない長い牙ほどメスへのアピールになると考えらてれています。まだ調査中のため断定はされていませんが、異性へのアピールでその命が尽きることもあるというなら、バビルサはなかなか情熱的な動物ですね!

好物は毒性のある果実


バビルサは雑食性の動物ながら、草食に寄っています。しかし好んで食べる植物が、パンギノキという毒を持つ植物という特殊な食性があります。別段パンギノキの毒に強いわけでも無いですし解毒能力を備えている訳でもないため、解毒効果のある温泉水やその泥を飲むことで中和します。

わざわざそんな危険なものを食べる必要はないのでは思いますが、パンギノキには1日1,2個食べるだけでその日の栄養を賄えるだけの高い栄養価があること、毒を恐れて他の動物が摂取することが無いので枯渇しない事から毒のリスクを取ってでも摂取していると考えられています。

まとめ


メスへのアピールのために自らを死に至らしめるかもしれない牙を伸ばし、高い栄養価を求めて毒のある植物を食べるという過酷な生き方をするバビルサをご紹介しました。

熱帯雨林の恵まれた環境の中で、目を疑うような生き方をバビルサはしているようです。まさに今もスラウェシ島周辺では、自らの牙が脳天に達するまでに伸び、毒を食べているバビルサがいるかもしれません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:wikipedia.org(Babirusa) / wikipedia.org(バビルサ)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加