電車の中で、近くにいた男の子のとった行動にほっこり「世知辛い事ばかりで、こういうの癒される」

2019.9.21


日々何気なく利用している電車。たくさんの人が乗っている電車では、思わぬ出来事が発生することもありますよね。

今回Twitterで話題となっているのは、近くに立っていたという幼い子供がとった可愛らしい行動。一体どんな行動だったのでしょうか!?

電車の中で3歳ぐらいの男の子が・・


投稿されたのは、Twitterユーザーのおばけ3号(@ghost03type)さん。こちらが反響を呼んでいるツイートです。


電車の中で、近くにいた男の子はまだ3歳ぐらいの子だったようです。母親と一緒にいたということですが、その母親が「電車は揺れるから掴まって」と言った後に、おばけ3号さんの足にしがみついてきたようです。

これには、おばけ3号さんもビックリしたと思いますが、男の子は必死だったのでしょうね!一連の出来事の光景を想像してみるとほっこりしますね。

寄せられていた様々な声


この投稿に対しては、「かわいい」といった声のほか、3歳児が電車の中で立っていることを心配する声など、様々な声が寄せられていました。


おばけ3号さんの足が、「掴まっても大丈夫な安心出来る足だったんだね」という声もありますが、確かに男の子にとっては安心できる、頼りになる足だったのかもしれませんね。

小さな子にとって頼れる大人に


筆者も自分の子供が3~4歳ぐらいの時、電車に乗る時には色々と気を使いました。まだ体が軽かったので、眠そうにしていたら片手で抱っこして、もう一方の手で吊革につかまったり・・。

また、電車の揺れによって小さな子は簡単にバランスを崩してしまいますよね。自分が吊革や手すりにつかまれなくても、子供のことは支えなければなりません。子供もいつ目的地に着くかも分からずにじっと我慢して立っていたりします。そんな状況なので、席を譲ろうと声をかけていただいたりした時には本当に助かりました。

今回の投稿で、電車の中でもどこでも、小さな子にとって頼れる大人でありたいと改めて思いました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@ghost03type)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加