手作りケーキに欠かせない「生クリーム」と「ホイップクリーム」は何が違うの?

2019.11.1


お菓子作りには欠かせないアイテムの「生クリーム」と「ホイップクリーム」。パッと見では違いがわからないほどそっくりなこの2つですが、実は全く違うモノなんです。

今回は「生クリーム」と「ホイップクリーム」の違いと共にそれぞれの特徴をご紹介します。



「生クリーム」と「ホイップクリーム」ここが違う


「生クリーム」と「ホイップクリーム」は多くの企業から商品が出されています。「生クリーム」は「純生クリーム」と書かれることもありますが、中身は同一と考えて頂いて問題ありません。

原料

生クリーム


生クリームの原材料は乳脂肪のみになります。牛乳や生乳を分離することで取り出される「乳脂肪」の脂肪分が18%以上あるものを生クリームと呼んでいます。

生クリームの中でも脂肪分の割合で名前が変わり、18~30%だとライトクリーム、脂肪分が30~48%あるとヘビークリームとなります。生クリームを泡立てるには「乳脂肪」が35%以上必要で、お店で販売されているものは基本的に35%か47%のものが多いです。

イギリスでスコーンに付けて食べることで知られる「クロテッドクリーム」は脂肪分が55~60%あリます。これは脂肪分が約80%あるバターと生クリームの間の数値となっています。

ホイップクリーム


生クリームを泡だて器やハンドミキサーなどを用いて作られるものを本来は「ホイップクリーム」と呼びますが、日本では動物性脂肪と植物性脂肪を合わせて作ったものや植物性脂肪のみで作られたものを生クリームと区別する為に「ホイップクリーム」と呼んでいます。


生クリーム


乳製品の「生クリーム」はコクが深く濃厚な味をしています。

ホイップクリーム


植物性脂肪を使用しているホイップクリームは生クリームに比べて軽い口あたりをしています。クリームに比べるとコクや旨味が薄いとも言えますが、さっぱりしていて食べやすいという一面もあります。

賞味期限

生クリーム


動物性の生クリームは無添加なものほど賞味期限は短く、スーパーなどで販売している一般的な商品では賞味期限は未開封時で一週間から10日ほどです。開封後はなるべく早く、遅くても3、4日間以内に使い切るようにアナウンスされていることが多いです。

ホイップクリーム


店頭で販売されている「ホイップクリーム」の賞味期限は1ヶ月から1ヶ月半のものが多いです。しかし開封後は遅くとも1週間ほどを目安に使い切ったほうがいいです。

コレステロール値


生クリーム


生クリーム100gに対してコレステロール値は120mgと高い数値になっています。

ホイップクリーム


生クリームと比べるとコレステロール値は圧倒的に低く、100gあたり4~10mgとなっています。コレステロールの摂取を気にする場合はなるべくホイップクリームを使用したほうがいいのかもしてません。

あまり変わらない気になるアレ


気になるカロリー


コレステロール値はホイップクリームが圧倒的に低いですが、もう一つの気になる数値、カロリーで見るとどうでしょう。生クリームが100gあたり433kcalなのに対し、ホイップクリームは422kcalになります。乳脂肪を濃縮した生クリームも植物性脂肪を使用したホイップクリームも、カロリーの面では大きく変わらないようです。




まとめ


生クリームは乳脂肪を濃縮したもの、ホイップクリームは植物性脂肪、もしくは乳脂肪と植物性脂肪をブレンドして作られたものと大きな違いがあります。乳製品の生クリームが黄色かかっているのに対して、ホイップクリームはより白いという特徴もあります。また、値段に関しては植物性脂肪のホイップクリームのほうが安いです。

濃厚で口溶けのいい生クリームとさっぱりした味わいのホイップクリーム・・・使い分けをうまくできたらより満足できる手作りスイーツが作れそうですね。

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加