クチナシの花言葉は?不思議なその名前の由来も紹介

2019.11.24


クチナシという言葉はたまに耳にしますが、それでもこの不思議な言葉の意味を知らない人も多いですよね。実は花だということすら、初めて知ったという人もいるかもしれません。

そこで、ここではクチナシとはどういう花なのかはもちろん、この花が持つ花言葉なども紹介しますね。実は白くてとても可愛い花なんですよ?



クチナシとは?


クチナシとはそもそもどういう花なのでしょうか。ここからはまずクチナシという花について紹介します。日本人にも馴染みのある花なので、まずはどういう花なのかを知ってみましょう!

どんな花?


クチナシは甘くロマンチックな香りを放つ純白の花です。真っ白の花は透き通るようなほど美しく、太陽の光に照らされることによって輝きを放つ花です。

種類はガーデニアやコクチナシ、マルバクチナシ、ヤエクチナシなどがあり、それぞれ姿や形も若干違います。ただ、どれもクチナシという種類の1つであり、その可憐さは変わりません。

古くから鑑賞用だけではなく、染料用や漢方用としても使われてきたこともあって、日本の歴史の至る所で咲き誇ってきた花と言えるでしょうね!

見ごろはいつ?


クチナシは見ごろをいつ迎えるのかと言えば、季節によって若干の違いがあるものの6月~7月がベストシーズンだと言われます。この時期になると美しい白い花が咲きます。

梅雨明けから初夏にかけて咲くので、人によってはクチナシが咲くことによって季節を感じるという人も。季節を伝えてくれる花の1つとして、庭に植えるという人もいます。




クチナシの花言葉


クチナシには花言葉もあります。その意味はとてもポジティブなものなので、ぜひ花言葉も知っておきましょう。

全体的な花言葉


全体的な花言葉としては「私は幸せ者」「幸運を運ぶ」「喜びを運ぶ」という意味も込められているのですが、他にも「洗練」「清潔」「優雅」などの意味もあります。

その磨かれたかのような美しさを放つ花は、人間の心の豊かさを表現するとも言われています。だからこそ、人によっては幸せの花なんて呼ぶ人も。

洗練されていて清潔で優雅なんて、とても美しい響きですよね。花言葉には様々な意味が込められているのですが、クチナシの花言葉はどれも魅力的ですよね。

花言葉の由来


ポジティブな意味が強いのは、香りを嗅いだ際に心が豊かになることから由来していると言われています。事実、クチナシは脳がとろけてしまうような濃厚な甘さの香りを放つことで知られています。それの香りは遠くからでもわかるほど。

そのため、クチナシは大切な人にプレゼントする他、海外では告白やプロポーズとともに渡したりもします。ロマンチックを詰め込んだ花……これなら落ちない人はいない!笑

気になるクチナシの名前の由来は?


クチナシという不思議な名前はどこから来ているのでしょうか。花の多くは欧米の言葉が使われていることも多いですが、どこかクチナシというのは日本らしい響きのようにも感じられますよね。

果実の口が開かない「口無し」説


クチナシには「口無し」という意味があり、実が熟しても口が開かないことに由来しているという説が有力です。果実が熟しても割れないことが和名の由来になっているのだとか。

また、実の突き出した部分が容器の注ぎ口に似ていることから「口を成す=口成し」を意味するという説もあります。

その他だと「クチナワ+ナシ=クチナシ」という説も。日本では古くからヘビのことをクチナワと呼び、そんなヘビしか食べない果実の木という意味でクチナシと呼ぶようになったのだとか。

嫁入りの口なし


かつては「嫁入りの口がない=貰い手がいない嫁」と言われたこともあり、昔は独身の女性がいる家庭にはクチナシを植えないようにした方が良いという言い伝えがありました。

クチナシの由来にはそういう伝来もあると言われています。今では独身女性がいる家庭でも置いているところはありますけどね。これはあくまでも言い伝えとして知られているもので、本当に嫁の貰い手がいなくなるわけではありません。

独身女性の中にはクチナシが好きで育てている人もいますので、そこは安心してください!笑

果実がくちばしのある梨のよう「口梨」説


クチナシは梨に似ていることや鳥のくちばしに似ていることが由来しているという説も。確かに真っ白なその花は梨の果実に似ていますよね。また、口が閉じているところも鳥のくちばしに似ています。

もともと花というのは「似ているね」というようなニュアンスが由来となっていることも多いです。このクチナシも見た目から命名されたという説が多く、名前の由来には諸説あります。

まとめ


クチナシについて花言葉を知っている人は少ないですが、知ってみるととても良い意味が込められているとわかりますよね。名前の由来は不思議なものも多いですが、その甘く優美な香りは人の心を豊かにしてくれることは間違いないです。

特別な日にはお世話になっている大切な人はもちろん、愛を伝えたい人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。きっとその後もクチナシが幸せを運んでくれると思います。

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加