百日紅(サルスベリ)の花言葉は?絶対に読めない漢字の秘密も解説

百日紅(サルスベリ)という花の名前を聞いたことがある人は多いと思います。実際にどんな花なのか、みなさんご存知でしょうか?

今回は百日紅(サルスベリ)がどのような花なのか、そして花言葉や花名の由来などについてもご紹介します。それにしてもこの漢字、どうあがいても読めない!

百日紅(サルスベリ)とは

百日紅(サルスベリ)はミソハギ科の落葉中高木で、別名はヒャクジツコウと呼ばれています。日本でもよく見られるということもあり、目にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

特徴

百日紅(サルスベリ)の特徴は紅色の濃淡色または白色の花を咲かせることにあり、花びらは6枚あって縮れています。鮮やかで美しいのはもちろん、病気にも強いこともあり、古くから庭園や公園などに植えられることが多い花です。

原産

百日紅(サルスベリ)は中国南部原産と言われており、中国では唐代長安の宮廷に多く植えられていることから紫薇と呼ばれることもあります。ただ、花としても丈夫な植物ということもあり、日本でも育てているところは多いですね。

開花時期

夏から秋にかけて7月~10月に咲く百日紅(サルスベリ)は、中国では長い間紅色の花が咲くことがから百日紅と書き、日本でもサルスベリを漢字で書くと百日紅となります。漢字からは想像もできない読み方ということもあって、日本では難読漢字の1つとして知られていますね。

百日紅の花言葉

百日紅(サルスベリ)にはもちろん花言葉もあります。そこでここからは全体的な花言葉について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

全般的な花言葉

百日紅(サルスベリ)が持つ花言葉は「雄弁」「愛嬌」「不用意」「潔白」などです。

「雄弁」は枝先に群がるように咲く華やかさが由来している他、枝を揺らすと花や葉が揺れて盛んに話しているように見えることも由来していると言われています。

「愛嬌」や「不用意」は樹皮が滑って猿も木から落ちる様子にちなんでいるのだとか。

「潔白」はある王子と恋人の伝説が由来しています。こちらについては後述で詳しく紹介するので、気になる人は読み進めてみてくださいね。

色別の花言葉はない

百日紅(サルスベリ)には色別の花言葉はありません。そのため、どの色であっても同じ意味の花言葉を持っています。

気になる百日紅(サルスベリ)の名前について

そもそも百日紅(サルスベリ)の名前ってどうやって付けられたのでしょうか。まったくもって繋がりを感じられない漢字とカタカナということもあって、困惑してしまっている人も多いですよね!

百日紅の漢字名の由来

サルスベリは中国では長く咲くことにちなんで百日紅と書くのですが、それが日本でも漢字としてそのまま使われています。しかし、その説はいくつかあるので、そちらも確認しておきましょう。

花が長持ち説

なぜ百日紅と書くのかというと花が長持ちするから。サルスベリはとても花が長持ちします。それにちなんで百日という名前が付けられ、紅色の花を咲かせることから紅と付けられました。それを合わせて百日紅と書くわけです。

王子と娘の伝説

百日紅(サルスベリ)にはある伝説があります。

その昔、ある国の王子が竜神退治の旅の途中、生贄にされていた娘を助けて恋に落ちたのですが、王子は「百日後に帰ってくる」と再会を約束して再び旅立ってしまいました。

しばらくは王子を待っていた娘。しかし、王子が戻ってくる頃には恋人が亡くなっていたという悲しい出来事が……。

王子は娘のことを思い、埋葬してあげることにしました。そして、その恋人が埋葬された場所に百日紅が咲いたのです。

そんな伝説が百日紅(サルスベリ)には残っています。

日本語のサルスベリの由来

日本語で百日紅はサルスベリと読みます。これは樹皮がつるつるして猿でも滑ってしまうことが由来していると言われています。ただ、実際は猿だと簡単に登れるようなので、あくまでも昔の人が考えた名前だと理解しておきましょう。

サルスベリに漢字を当てた

日本では長く咲くサルスベリに百日紅の漢字を当てたました。これはもともと中国のものですが、その意味に関しては今でも広く知れ渡っていることから、中国でも日本でも百日紅という漢字を使っています。

ただ、日本ではしばしばわかりやすく表記するためにサルスベリと書くこともあり、人によっては同じ花だと思っていない人もいるくらいです。

「百日紅=サルスベリ」なので、そこは豆知識としても覚えておくと良いかもしれませんね!

まとめ

百日紅(サルスベリ)は日本人にも馴染みのある花ですが、実際にはあまり知らない人も多いと思います。特にこの名前に関してはどう転んでも読めないですよね。

だからこそ、その背景となった説を知ると面白いです。百日紅(サルスベリ)の花言葉も素敵なので、人にプレゼントする際にも花言葉を添えてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事