子供をゲーム嫌いにする方法が話題に!「強制されると、どんな事でもやりたくなくなる」

2020.1.10


今も昔も子供はゲームが大好き。勉強をやるべき時間も、食事をする時間も削ってゲームに没頭してしまう子が多いかと思います。

今回Twitterで話題となっているのは、そんな子供にゲームを嫌いにさせる画期的な方法です。



発想の転換


その方法を投稿されたのは、Twitterユーザーの針鼠(@harinezumi_vc)さん。まさに発想の転換とも言える効果的な方法です。


確かに、これはゲームだけの話にはとどまりませんね。仕事でも勉強でも、誰かに徹底して管理されると常に多かれ少なかれプレッシャーがかかりますし、言われたことをこなすだけで前向きな気持ちにはなりにくいです。

管理されたり、義務化されたり、ノルマが課されたりすると、発憤する方も中にはいるかと思いますが、取り組んでいることに対して楽しむ気持ちは生まれにくいですし、結果として続かないことが多いですよね。

強制されると、どんな事でもやりたくなくなる


この投稿に対しては、「義務化・タスク化すると、どんな趣味でも嫌になる」といった声が寄せられるなど、共感する声が多く見られました。


強制されるとどんな事でもやりたく無くなるということは、逆に誰かに強制されずに自発的に目標を立て、自分のルールを作って取り組むことで、仕事でも勉強でも遊びでも、やりがいや楽しさ、充実感が生まれてくるといったことも言えそうですね。




嫌いなのは「管理されること」?


ゲームだから、遊びだから楽しいということはもちろんありますし、仕事や勉強は辛いという感覚は多くの人が持っているものですが、本質的な部分は「能動的」か「受動的」かということかもしれません。

受け身だとつまらないですが、趣味に没頭するように能動的に取り組むことは、時間を忘れて熱中してしまうものですよね。

こちらは、「実は嫌いなのは『管理される』ことかもしれません」と訴える針鼠さんのツイートです。


今回の投稿の本質に触れるテーマですし、多くの人にとって非常に興味深いテーマですよね。

針鼠さんは、こうした考え方を仕事術やキャリアというテーマに基づいてブログでも発信されています。興味のある方はぜひチェックしてみてください!

仕事の悩みに、仕事カフェ – 針鼠さんのブログ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@harinezumi_vc)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加