「この発想はなかった(笑)」仙台うみの杜水族館に『アナゴの恵方巻水槽』が登場して話題に!

今年ももうすぐ節分(2月3日)を迎えます。スーパーなどの店頭で、恵方巻の予約受付も始まっていますよね。

そんな中、Twitterで話題になっているのは、仙台うみの杜水族館の公式Twitterアカウントが投稿した「アナゴの恵方巻き水槽」。斬新な発想が反響を呼んでいます!

穴にもぐり込む習性を活用

こちらが同アカウントによる話題のツイート。季節行事に合わせたタイムリー性に加え、穴にもぐり込むアナゴの習性をも活かしたユニークなアイディア「アナゴの恵方巻き水槽」です。

水槽の中につり下げられた恵方巻。2020年の恵方である「西南西」を向いているそうです。そして、恵方巻の中にすっぽりとアナゴが入って顔を出しています(笑)なかなか、こんなにマジマジとアナゴの顔を見られることはないですよね。

アナゴの顔の可愛らしさが際立ちますし、アナゴの恵方巻を食べる機会があったら、躊躇してしまいそうになるかも!?と思ってしまうのは気のせいでしょうか。

この発想はなかった(笑)

この投稿に対しては、斬新な発想に驚く声や「かわいそ過ぎて食べれなくなりそう」といった声などが寄せられていました。

東北最大級のパフォーマンス

宮城県仙台市にある「仙台うみの杜水族館」では、大水槽や川の水槽をはじめ、海の動物たちによる東北最大級のパフォーマンスが見られるほか、ペンギンやアシカ等とのふれあいなど、東北の海の魅力を存分に体験することができます。

ちなみに、「アナゴの恵方巻き水槽」の展示期間は2月3日(月)までとのこと。興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

仙台うみの杜水族館 - 公式サイト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@sendaiuminomori)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事