牛乳パックには1000mlと表記も、計算すると955.5ml?あれこれ予想する算数の授業が面白い!

2020.1.21


得意不得意が割とはっきりと分かれる算数。算数の授業が楽しかったという方もいれば、算数の授業だけは嫌だった・・という方など様々かと思います。

今回Twitterで話題になっているのは、牛乳パックをテーマとしたユニークな算数の授業。「えっなんで!?」という問題に対してあれこれ考える子供たちの予想も含めて必見です!



計算すると955.5mlしか入っていない!


投稿されたのは、小学校教員の前田 健太(@mathmathsan)さん。こちらが反響を呼んでいるツイートです。



牛乳パックには、牛乳の量が1000mlと書いてあるにもかかわらず、計算してみたら955.5mlに。「1000ml入ってないじゃん!」と子供たちに呼びかけて予想をさせています。

「蒸発した」「虫がのんだ」「工場の人が飲んでいる」といった発想は子供たちの柔軟な思考ならではですよね(笑)また、「企業が得をするため」などという、ある意味で大人な意見も挙がっていて面白いです。

有意義なテーマに感心する声


この投稿に対しては、なぜそうなったのか?を予想する声のほか、面白い授業内容に感心する声などが寄せられていました。


確かに、答えにたどりつくまでのプロセスが面白いですよね。子供たちも色々と考えこむきっかけになりますし、世の中には計算式だけでは解けないことがあることを、暗に伝えているかのようです。




答えはいったい!?


様々な予想がありましたが、多かったのが「パックが膨らむから」ということ。計算すると1000mlの牛乳がパックには入らないことになりますが、実際はパックが円柱のように膨らむため、しっかりと1000ml入っているのでは?ということです。

前田さんはこの問題に対する解答を提示していませんが、そのことも影響してか、答えを追求する多くの大人たちからのリプライが寄せられていました。

こうした授業は子供たちの発想力を引き出すことができますし、とても有意義なテーマだと思います。大人でも夢中になっちゃいますね(笑)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@mathmathsan)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加