拾った子猫がめちゃくちゃ可愛いからと、祖父が付けたあだ名が斬新すぎる(笑)

拾った子猫があまりにも可愛いため、「この猫は野良じゃないペットショップにいる猫だ」と言い続けているというずぃ(@pipipi_gst)さんのお祖父さん。そんな子猫に付けた斬新すぎるあだ名が話題になっています!

ペットショップの可愛い猫に似てて・・・

子猫に一体どんなあだ名が付いたのか、ずぃさんがTwitterに投稿したエピソードがこちらです。

18万8000円!!?? なんと、可愛さのあまり子猫のことをペットショップにいる猫の生々しい値段で呼んでいるというお祖父さん。可愛らしい子猫の見た目からは想像できない斬新すぎるネーミングセンスに吹き出してしまいました(笑)

ずぃさんによると、以前ペットショップのチラシに載っていた可愛い猫に似ていて、お祖父さんがその値段を覚えていたため「チラシの猫くらいかわいい!似てる!」という理由で「18万8000円」と呼ぶようになったそうです。

しかも、現在そのチラシをいつも持ち歩いているというお祖父さん。ずぃさんの家に来るたびに「おーよしよしよしいいかお前は18万、18万だぞよしよし」と、洗脳しているみたいです(笑)

そんな18万8000円ちゃんこと可愛い子猫ちゃんは、台風の前日にダンボールの中に捨てられていたところをずぃさんが保護したそうです。

たっぷり可愛がってくれる家族に巡り合えて良かったね、18万8000円ちゃん♪

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@pipipi_gst)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事