右目の視力と牙を失ったゾウの心を癒すため、そばに寄り添ってピアノを弾く男性

2020.2.5


人間に酷使されて人生の大半を労働に費やすことになり、体をボロボロにされてしまう動物が世界にはたくさんいます。

今回ご紹介するのは、木の伐採や運搬のために利用され、右目の視力と牙を失ってしまったゾウと、そのゾウを癒すためにピアノを弾く男性との心温まるシーンです。



ピアノの音色に耳をすませる


ピアノを弾いているのは、タイ在住のイギリス人アーティスト、ポール・バートンさん。弾いているのは、ベートーヴェンの「ピアノソナタ 第14番」です。

そして、その隣りにいるのは61歳のゾウのモンコル。今でさえタイのクウェー川のそばで自由にリラックスして過ごしているといいますが、長年続いたこれまでの過酷な労働により、右目の視力と牙を失ってしまいました。

出典:YouTube

モンコルはとても穏やかで敏感なゾウのようで、「ピアノソナタ 第14番」が大のお気に入りなのだそうです。

演奏を聴いている最中には、時折鼻を上げてこのような表情も見せます。とてもリラックスしている様子が伝わってきますね。

出典:YouTube

こんな風に大きな耳をパタパタとさせてみたり、ピアノの音色がモンコルの心に響いていることがうかがえます。

出典:YouTube




寄り添い続ける


モンコルはずっとその場を離れようとせず、よりいっそうバートンさんに近づいて寄り添い続けます。

出典:YouTube

その後、演奏を終えたバートンさんは立ち上がり、ゾウの鼻に自分の顔をつけたり、スキンシップをはかります。

出典:YouTube

人生の長い時間を過酷な労働で過ごしてきたモンコル。残りの人生は心穏やかに暮らし続けていけるといいですね!バートンさんがその手助けをしていることは間違いないと思います。

動画はこちら


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典: YouTube(Beethoven “Moonlight Sonata” for Old Elephant)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加