日本のエルサ役・松たか子がアカデミー賞の舞台で熱唱!授賞式で歌唱するのは日本人初の快挙!

2020.2.10


2019年11月に公開されて以来、世界累計興行収入が約1,572億円を突破している「アナと雪の女王2」。

日本のエルサ役でお馴染みの女優・松たか子さんが、米ロサンゼルスで行われた第92回アカデミー賞の舞台で美しい歌声を披露して大きな話題となっています!



世界各国のエルサ女優と共に熱唱


松さんが歌声を披露したのは、2月9日(現地時間)にハリウッドのドルビー・シアターにて開催された「第92回アカデミー賞」の授賞式。

歌曲賞にノミネートされている「アナと雪の女王2」の「イントゥ・ジ・アンノウン」を、世界各国のエルサ女優と共に熱唱しました。


松さんほか世界各国のエルサ女優が同曲を歌い継いでいくという構成のため、松さんの単独での歌唱シーンはわずかですが、同ステージでも相変わらずの美声を披露される姿は本当に感動的です。


こちらがその時の模様が撮影された動画。日本、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、スペイン、ラテンアメリカ(南米)、ポーランド、タイ、ロシアの順に登場するため、松さんは1番手。歌唱シーンは1分40秒頃から始まります。


いかがでしたでしょうか?鳥肌が立ってしまいますよね。ステージでの衣装のカラーも統一されていて素敵ですし、何よりも皆さんの歌声が美しく、思わず時間を忘れて聴き入ってしまいますよね。

もう少し、松さんの歌声を聴きたかったという思いはありますが、それでもファンにとっては十分に満足できるステージではないでしょうか。




日本人初の快挙!


ちなみに、同授賞式で歌唱を披露するのは日本人初となる快挙。着物を着た松さんの会場での晴れやかな表情も美しいですね。


松さんの歌唱力と存在の大きさ、同映画の多大な影響力を改めて思い知らされますよね。今後のご活躍にもますます期待したいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@TheAcademy) / Twitter(@DisneyStudioJ_A)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加