着物の数え方はなに?和装品の数え方をまとめてご紹介!

着物を数える時、みなさんはどうやって数えますか?「枚で数えるよ」という人もいれば「着で数える」という人もいるかもしれません。

実は着物の数え方にはそれぞれ違いがあり、単位によって意味も変わってきます。また、着物にある装飾品によっても数え方が変わってきます。

そこで、ここでは着物を含め、和装品の数え方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

衣類の数え方

衣類の数え方は一言に洋服や和服、といってもそれぞれのものによって異なります。日本には着物の他にも伝統的な衣服が多く、数え方もそれぞれ違ってきますので注意が必要です。

ここからは代表的な数え方を紹介するので、どのようなものを数える時に使えるのか知っておきましょう。なお、単位によっては数えられるものも重複している場合がありますが、その場合はどちらを使っても大丈夫とされています。

「枚」で数えるもの

着物・襦袢(じゅばん)・浴衣・羽織・和装コート

「枚」で数えられるものは多く、一般的な衣服は主に枚と数えることができます。襦袢とは和服用に下着の一種で、アンダーシャツに類するものとも考えられます。

襦袢とだけいうと丈が短いものを指し、腹部までの丈になります。足元まである丈の長いものは長襦袢と呼ばれ区別されています。

「着」で数えるもの

着物や浴衣の一揃え・振袖

「着」というのはどちらかというと、衣装をまとめて数える際の数え方です。

例えば、女性の着物一式と簡単に言っても「着物・長襦袢・衿芯・帯・帯締・帯留・帯揚・足袋」とかなりの品目になりますので、一式揃った状態をまとめて「一着」と数えています。

また、実際に身に着けた状態の数え方として、「着」を使うこともあります。なお、唯一持っている晴れ着のことは「一張羅」と呼ぶのが普通です。

「本」で数えるもの

帯・帯揚げ・帯締め・羽織紐

「本」で数えるのは主に細長い装飾品ですね。これは他の装飾品にも使える単位で、例えば洋服などで使われるベルトなども基本的に本と数えます。

「腰」と数えるもの

「腰」という単位はほとんど日常生活で使うことはないと思いますが、袴などで使うことが多いですね。ただ、現在では枚という数え方も一般的に普及しているので、より腰という数え方は少なくなってきています。

「具」と数えるもの

裃(かみしも)・狩衣(かりぎぬ)

「具」もなかなか普段使う単位ではありませんが、主に裃や狩衣に使う単位です。

裃とはそもそもどういうものかというと、和装における男性の正装のことを意味します。また、狩衣は室町時代に男性の公家が常用した略服のことを意味します。

ちなみに具とは必要ないものを備えることを表しており、一揃いの衣服を数える単位としても可能です。かつては鎧などの数え方としても定着していたことから、意外に汎用性の高い数え方だったといえるようです。

「領」と数えるもの

打掛(うちかけ)

「領」は打掛を数えるさとして使われる単位です。領という数え方は襟を表しており、かつては襟を持って数えていたことが由来とされます。

しかし、結婚式で用いる打掛の単位は「枚」が一般的です。

腰・具・領は「枚」でいい

「腰」「具」「領」に関しては日常的に用いられる単位ではありません。そのため、近年は「枚」が統一した数え方として主流となってきています。

「足」や「対」と数えるもの

草履・下駄・雪駄・足袋

「足」や「対」は主に2つで1つのものを数える際に用いるのが一般的となっています。なお、足袋などが左右片方だけしかない場合は枚と数えるのが普通です。

装飾品の数え方

装飾品の数え方もものによって変わってきます。着物は特に装飾品も多くなってしまうので、それぞれの数え方も併せて知っておきましょう。

「枚」で数えるもの

風呂敷・巾着袋・開いた扇子

風呂敷でなにかを包んだり、巾着袋に物を入れる、ということは現代では少なくなりました。そのため、あまりイメージが付かないかもしれませんが、これらを数える時には原則として枚を使います。

「本」で数えるもの

かんざし・くし・手拭い・ふんどし・閉じた扇子

装飾品の中でも棒状のものは本で数えます。また、文字通り一本のものとして数える際にも本を用いるのが一般的です。

「面」と数えるもの

手鏡・広げた扇子

「面」は手鏡や扇子など、文字通り面があるものを数える時に使う単位となっています。ただ、手鏡は枚でも通じるので、その限りではありません。

扇子は開くと、薄く広がりますので「枚」もしくは「面」と数えますが、閉じた状態だと棒状なので「本」と数えます。状況によって数え方が変わりますのでご注意ください。

意外!「反」は着物の数え方ではない?!

着物の数え方として知られている単位としては「反」もありますよね。

しかし、反は着物に仕立てる前の布地のことを意味します。布類において長さの単位として使われるのが一般的であり、決して数え方の単位ではありません。

ちなみに1反は幅36cmで長さ12mが普通で、反はおおよそ1人分の衣類に要する長さを表すこともあります。

まとめ

着物などの和装では、装飾品も多いことから数え方に迷ってしまうことも多いです。多くの衣服は枚や着と数えるのが一般的ですが、他の数え方もあるので注意したいですね。特に反は間違って覚えている人も多いので、使い方に注意しましょう。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事