「すみません」と「すいません」正しいのはどっち?言葉の由来も紹介

「すみません」と「すいません」という言葉は日常的に良く使われていますが、どのような違いがあるものなのでしょうか?

実は、基本的には同じ意味の言葉なのですが、語源が異なっていたり、更にはビジネスシーンでは使い分けが必要になってきます。うっかりと使って恥をかかないようにしたいものですね。

「すみません」「すいません」問題

「すみません」と「すいません」は、普段特に意識せずに何となく口にしている人も多いかもしれません。しかし、よく考えてみるとどちらが正しいのだろう?と疑問に思うことはありませんか?ここからは2つの違いについてご紹介します。

正式には「すみません」

「すみません」と「すいません」どちらが正しいかというと、正式には「すみません」が正しい表現となります。ただ、一概に「すいません」が間違った日本語ということではありません。

「すいません」は口語

「すいません」が間違いではないというのは、「すいません」が元々「すみません」から変化した口語表現に当たるからなのです。その為、普段の会話で使う際には「すみません」「すいません」のどちらを使っても間違いではありません。

ただ、文字として書いたり、メールなど文書にする場合には「すみません」という正式な表記にすることが望ましいですね。

「すみません」の語源・由来

「すみません」という表現ですが、いろんな場面で使うことの出来る日本語ですよね。ではこの「すみません」という言葉の語源や由来はどこにあるのでしょうか?

元々は「済む」の打ち消し表現

「済む」に打消しの意味を持つ「ぬ」を付けた「すまぬ」が元々の語源だとされています。

「すまぬ」が丁寧語となり「すみませぬ」となり、その後打消しの語句が「ぬ」から「ん」に変化して現在の「すみません」になったと考えられています。

「すみません」は「気持ちが済みません」

実は、「すみません」というのは元々「私の気持ちが済みません」という表現から来ており、私の気持ちの部分が省略された形が現在の「すみません」となっているのです。

他人から何か厚意を受けた際に何かお礼をしたい気持ちを表現し「このままでは私の気持ちがすみません」というような用法から感謝の意味合いや、謝罪の意味合いが生まれ現在に至っています。

様々な状況で使える日本語「すみません」

元は気持ちを表す表現として生まれた単語「すみません」ですが、現在では様々な場面で使用でき、複数の意味を持つちょっと不思議な単語ですよね。そんな「すみません」は大きく分けると現在では3つの意味で使われることが多いようです。

謝罪

最もポピュラーな使い方は謝罪の意味ですよね。元々の語源も謝罪の意味から生まれたものでした。ただ、現在では少し軽い謝罪の表現として扱われることが多いです。

感謝

感謝の意味での「すみません」という表現も日本人なら誰でも使ったことがある表現ではないでしょうか?

この表現は元々「何もお返しできなくてすみません」というように、本当はもっと感謝を別の形で表したいけど今この場では何もできなくで「すみません」というような意味で感謝を表現した言葉ですね。

呼びかけ

こちらの表現は他人に声を掛ける際の呼びかけの表現としての「すみません」です。この「すみません」にも「急にお声をかけ、驚かせてしまいすみません」というような軽い謝罪の意味を込めた表現になります。

このように、どの「すみません」にも、元々の謝罪を意味する「私の心が済みません」というところから派生していった事がわかりますね。

「すみません」「すいません」の使い分け

「すみません」と「すいません」の2つの言葉はどのように使い分けたらいいのでしょうか?

それぞれ使用できるシチュエーション、そして両方とも使ってはいけないシチュエーションについて解説します。

「すいません」はあくまで口語

「すいません」はあくまで口語として考えておいて、メールや手紙で使わないのがマナーです。とはいえ、口語だからといってビジネスシーンなどで取引先や会社の上司に気軽に使っていい言葉でもありません。

「すいません」という言葉は「すみません」を言いやすく変化させた言葉なので「すんません」などの言葉と同じになります。

その為、「すみません」と比べると少しフランクなイメージがありますので、ビジネスシーンなどではあまり使わないように意識したほうが良いでしょう。

「すみません」は敬語じゃない?

「すみません」は「すまぬ」が丁寧語に変化した敬語なのですが、より敬語らしい表現としては尊敬語や謙譲語を使う方が良いとされています。

通常のビジネスメール等では「すみません」ではなく、謝罪の場合は「申し訳ございません」や「お詫び申し上げます」の方が良いでしょう。また、「すみませんが~」等のお願いをする場合なども「恐れ入ります」といった表現の方が良いとされています。

グローバル化の時代ですので、「すみません」のニュアンスを英語でとらえておいてもいいかもしれません。英語では「excuse me」が対応します。英語の「excuse me」は、「人に話しかける時」と「謝罪」の二つの意味があります。

まとめ

普段何気なく使っている「すみません」は済むという言葉の打消しの意味から派生しています。したがって、いろいろな物事が済まないので、納得できない状態を意味しています。かなり深刻な謝罪の気持として使われていましたが、近年では、軽い謝罪や呼びかけの場合にも使われるようになってきています。

同じ意味の言葉として「すいません」がありますが、こちらはあくまでも話言葉ですので、文章やメールに使うことはできません。また、「すみません」は敬語ではありませんので、ビジネスメールに使うのは避けなくてはなりません。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事