現代の疫病が消えることを願って・・・水木しげるが描いた妖怪『アマビエ』が話題に!

2020.3.18


妖怪漫画の第一人者・水木しげるさんが描いた妖怪『アマビエ』がTwitterで話題となっています!

アマビエは疫病を沈静化する妖怪と言い伝えられているようで、新型コロナウイルスが世界中に蔓延している現状には是非とも出現してもらいたい妖怪です。

現代の疫病が消えますように


水木しげるさんが描いたアマビエの絵を投稿したのは、水木プロダクション公式サイト「げげげ通信」の公式Twitterアカウントです。


アマビエは江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)にゆかりがあるといい、絵からも分かるように半人半魚の妖怪。光輝く姿で海中から現れ、疫病や豊作などを予言すると言われています。

疫病が流行ったら私の写し絵を早々に人々に見せよ」と言って海中に姿を消していったというアマビエ。こんな世の中だからこそ、多くの人にアマビエの絵を見てもらいたいですよね。

ちなみに、こちらはコピーして彩色したものだそうです。色付されると印象が変わりますね。




「#アマビエチャレンジ」が話題に


アマビエが疫病を沈静化する妖怪ということで、Twitterでは「#アマビエチャレンジ」というハッシュタグを付け、描いたアマビエの絵を投稿したり、樹脂粘土で作ったアマビエを投稿する方々が多数見受けられました。

投稿には、「妖力により、蔓延する疫病がこの世から退散しますように!」「早く世界中の人が安心して健やかな毎日を過ごせますように!」という言葉が添えられており、多くの人が平穏な日々が戻ってくることを願っている様子が伝わってきました。

皆さんも新型コロナウイルスの沈静化を願い、アマビエの絵を見たり、描いたりしても良いかもしれませんね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@mizukipro)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加