キリンは超ショートスリーパー!?驚きの睡眠時間で過ごしていた!

2020.4.8


みなさんは1日何時間眠りますか?筆者は最低でも8時間前後しっかり寝ないと日中に睡魔が襲ってきて仕事もできなくなっちゃいます!(笑)

ただ、自然界でそんなに寝てようものなら、すぐに獰猛な肉食動物に食べられてしまうでしょう。特に草食動物は常に命の危機と隣り合わせなため、睡眠時間の短いショートスリーパーとされています。

そんな草食動物の中でも、キリンはひときわ超ショートスリーパーらしく、驚きの睡眠時間なのだそうです!

キリンは一体どのくらい眠っているのでしょうか?今回はキリンの睡眠時間やキリンに関する秘密についてご紹介します。

キリンは20分しか眠らない?


キリンの睡眠時間は、平均約20分と言われています。

キリンに限らず草食動物は肉食動物に比べて睡眠時間が短く、平均して2時間~3時間ほどしか眠らないそうです。

では、なぜそんなに短いのでしょうか?その理由を解説します。

睡眠時間が短い理由①:睡眠より食事!


キリンは寝る間も惜しんで食事をする生活スタイルとなっているため、睡眠時間が短いと言われています。

肉食動物に比べて草食動物は栄養素の少ない草を食べなくてはならないため、とにかく大量に摂取することが必要です。1回の食事で得られる栄養素が少ないため、睡眠時間を削ってでも食事時間を確保しなくてはなりません。

動物園のキリンは1日60〜70kgの食事をしているそうです。比較的栄養の多いリンゴやニンジンなどを含めてもその量になるのですから、木の葉しか基本食べることのない野生のキリンは更に量が必要となるわけですね。

睡眠時間が短い理由②:捕食されてしまう危険性を低めるため


草食動物は常に肉食動物に狙われています。自然界は弱肉強食ということもあり、油断しようものなら一瞬で食べられてしまうのが自然の摂理です。

のんびり寝ていると天敵に捕食される危険性が一気に高まるため、キリンもほとんど眠らずに行動しています。もし寝てしまったとしても、うたた寝の状態を維持しているわけです。

実際に人間のように横になって眠ることはほとんどなく、うたた寝するとしても立ったまま寝るのが普通だそうです。キリンだけではなく、他の動物も捕食者を警戒して立ったまま寝る動物は多いと言われていますね。

睡眠時間が短い理由②:代謝が低い


普通、睡眠時間が極端に少ないと生き物は生命活動にも影響が出ます。

しかし、キリンは代謝が低いこともあって眠らなくても十分に行動できる身体の構造となっています。代謝を極力少なくすることで体力を温存し、いざ捕食者に狙われた時でも抵抗できるようにしているわけです。



他にもある!キリンの秘密


キリンは動物の中でも特殊な生態を持つ生き物であり、首が極端に長い見た目は動物界でも唯一無二の存在と言えます。

ここからは、そんなキリンが持つ秘密をご紹介します。

キリンは超高血圧


キリンは超ショートスリーパーなだけではなく、超高血圧でもあります。

人間の平均血圧が90mmHg~140mmHgに比べて、キリンは最高血圧が約260mmHgで最低血圧が約160mmHgほどです。これは長い首に血液を巡らせるためだと考えられています。

頭にまで血液を送らないといけないため、血流を押し上げるためにどうしても高い血圧が必要となるのです。キリンは心臓から脳まで約2mほどあるため、血圧が低いと十分な血液が巡らない状態となってしまいます。

ただ、キリンは高血圧でも耐えられる身体の構造となっているので、首にある弁が血液の逆流を防いでくれるそうです。また、網目状の毛細血管が急激な血圧の変化を調節してくれる機能もあるのだとか。

キリンの角は5本ある


キリンにはオシコーンと呼ばれる角が5本あります。

頭には2本しかないと思っている人も多いですが、実はおでこに1本と後頭部に小さい角が2本あるのです。ただ、使い道は特にないと言われています。

縄張り争いをする際にもその角で突くといった行動をとることはなく、首を使います。これはネッキングと呼ばれ、キリンの中には首が折れてしまうこともあるようです。

ではなぜ角があるのかというと、これは進化の過程で退化したものの一部ではないかと考えられています。キリンの祖先はもしかしたら角を活かした生態をしていたのかもしれません。

キリンの舌は黒い


キリンの舌をまじまじと見たことはありますか?

人間や犬・猫といった日常で見る生き物は舌がピンク色なので、キリンもそうだと思われがちですが実は違い、キリンの舌は黒くなっています。

これは日焼けが原因だと言われており、毎日約20時間以上も舌を使って食事しているキリンは、当然の如く舌も日焼けしてしまうのです。

舌が常に太陽光に晒されている状態なので、当然ながら舌が日焼けして黒くなります。

キリンはメラニンを合成して細胞のDNAを紫外線から守るべく、舌をあえて黒くすることで環境に適応しているのです。

これは紫外線が強い地域に住む人間と同じです。本来生き物は太陽光に当たっていると、紫外線の影響で肌の細胞も壊れてしまいます。人間だとそれが皮膚癌などにも影響します。

しかし、南米やアフリカの人たちはあえてメラニンを合成することで、細胞がダメージを受けるのを防いでいるのです。キリンの舌が黒いのも原理は一緒です。

まとめ


生き物にとって睡眠は必要不可欠なものですが、自然界にはほとんど眠らなくても生きていけるキリンがいます。

逆にナマケモノなどのように1日20時間前後眠る生き物もいます。動物が置かれている環境によって進化の過程が違うのも面白いところですよね。

ただ、人間はしっかり眠らないと生きていけないので、睡眠不足の人はしっかり眠りましょう!(笑)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加