スイートピーの花言葉は?パステルカラーがカワイイ春の花

スイートピーはパステルカラーがとてもキュートな花で、日本でも人気の品種となっています。

そんなスイートピーにはどんな花言葉があるかご存知でしょうか?

そこでここではスイートピーについて開花時期や原産、名前の由来などをご紹介します。

そしてさらにそれぞれの色が持つ花言葉についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スイートピーとは?

スイートピーは、マメ科レンリソウ属の植物です。美しい花を持つだけではなく、甘い香りを持つことでも知られている花です。

特徴

スイートピーは鮮やかな色彩の花であり、その色合いはパステルカラーとなっています。

ピンク色が一番人気でポピュラーな色となっていますが、その他にも白色や黄色、紫色などの品種があります。

名前の通り甘い香りがすることでも知られており、ガーデニングなどに用いられる花としてはもちろん、部屋に飾る花としても人気があります。

固体によって酸っぱい香りを含むものもあり、それぞれによって異なる特徴を持つ花です。葉は緑の羽状となっており、先端が巻きひげとなって他の草木に絡んで成長していくのも面白い特徴です。

開花時期

スイートピーは主に春に咲く花です。春の訪れを教えてくれることでも知られていますね。

また温室であれば冬にも咲かせることができ、比較的育てやすい品種でもあります。

日当たりが良くて水はけも良く、保水もできる土、それと風通しの良い環境さえあれば3月~6月までには開花します。

最盛期は3月~4月ですが、5月~6月まで咲く品種もあり、長く楽しめる花であることは間違いありませんね。

原産

スイートピーはイタリアのシチリア島が原産です。そこからイギリスで品種改良が進められ、明治時代に日本に渡来してきました。

日本では松田聖子さんが1982年に発表した「赤いスイートピー」などの影響もあり、一躍人気の花となりました。

ちなみにこの「赤いスイートピー」の発売当時、スイートピーに赤い花を咲かせる品種は無かったそうですが、この歌のヒットをきっかけに品種改良が進み赤いスイートピーが現実のものになったようです。

花の名前の由来

スイートピーはそもそもなぜこのような名前で呼ばれているのでしょうか?

スイートピーのスイートは「香り」を、ピーは「豆」を意味します。

マメ科の花であるため、このような名前が付けられたそうです。また、ほのかに甘い香りを放つ特徴にも由来しているのだとか。

スイートピーの花言葉

スイートピーにはそれぞれ花言葉が存在しています。

ここからは全体的な意味の花言葉や、それぞれの色が持つ花言葉をご紹介します!

全体的な意味の花言葉

スイートピーには「門出・別離・ほのかな喜び・優しい思い出」などの花言葉があります。

今にも飛び立つような蝶の姿に見えることから、これらの花言葉を持つようになったと言われています。誰かの門出や別離の際に贈る花としても知られ、冠婚葬祭で添えられる花としても人気です。

色による花言葉

そしてここからは、スイートピーの色別の花言葉をご紹介します。

ピンクのスイートピー

ピンクのスイートピーには「繊細・優美・恋愛の愉しみ」などの花言葉があります。

色合いがとても繊細で優美なことから、そのままこの花言葉が付けられるようになりました。

白色のスイートピー

白色のスイートピーは「ほのかな喜び・微妙・デリケート」などの意味を持っています。

純白なその姿がほのかな色彩を帯びていることから、このような意味を持つようになったのだとか。

ただ、「微妙」という意味もあったり、「デリケート」という意味もあるので、必ずしも良い意味だけで使われるわけではありません。

黄色のスイートピー

黄色のスイートピーは「囁き・分別・判断力」などの花言葉があります。

くっきりとしたコントラストの美しさから、そのような花言葉が生まれたと考えられています。

紫色のスイートピー

紫色のスイートピーは「永遠の喜び」という花言葉を持っています。

ピンク色よりも色彩が強く、生命力を感じる色合いですね。永遠の喜びを感じていたいということで、結婚式などで使われることもあります。

スイートピーはエドワード朝を象徴する花

スイートピーはイギリスのエドワード朝で重宝されていた花です。では、なぜエドワード朝の象徴となったのでしょうか?

イギリス王妃も愛したスイートピー

スイートピーはもともとイギリス王であるエドワード7世の王妃、アレクサンドラ・オブ・デンマークが大変気に入り、式典や晩餐会でそれらの花を飾らせることが多かったようです。

大きなイベントの際には必ずと言って良いほど飾っていたこともあり、スイートピーはエドワード朝を象徴する花となりました。そこから各国に広まるようになり、スイートピーが全国的に有名になったそうです。

スイートピーを愛した、アレクサンドラ・オブ・デンマーク

スイートピーを愛したアレクサンドラは、50歳を超えても30代に見られるほどの美貌を持っていたそうです。

また、天性の明るさで人々から好感を集めたことでも知られています。その一方で、潔癖症で手にキスをされるのを嫌がったり、約束の時間を守れないという一面もあったのだとか。

その自由奔放で天真爛漫な姿で人々を魅了する姿は、色鮮やかで甘い香りを放つスイートピーのようだと言えるかもしれません。

まとめ

スイートピーは日本でもフラワーショップに行けば手に入る花です。また、ガーデニングなどでも人気があります。

そんなスイートピーには素敵な花言葉もあるので、誰か大切な人に贈る際には花言葉も添えてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事