制作費もしっかりと公開(笑)コンビニで見かけた『コロナシールド』が話題に!

新型コロナウイルスの感染拡大を予防するために様々なお店が営業停止する中、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど生活必需品を扱うお店は営業を継続。そこで働くスタッフの方々にはいつも頭が下がります。

そんなリスクと背中合わせの売り場ですが、コンビニのレジカウンターにかかっていたという『コロナシールド』が、Twitterで大きな反響を呼んでいます。

コンビニにコロナシールドが!

Twitterユーザーの@higemisonakochiさんがコンビニで見かけた、そのコロナシールドがこちらです。

こちらはファミリーマートの府中第二インター店だそうです。ここまで徹底するとは凄いですよね。

レジカウンターを境目にして仕切るように、ビニールがかけられています。『コロナシールド』というネーミングもわかりやすい!

また、「コロナシールド制作費」という貼り紙もありますが、ビニールやクリップなど、コロナシールドを制作するためにかかったコストが書かれています。「ALL JAPAN ONE TEAM!!」というメッセージもいいですよね。

パン屋さんにも出来てました!

そんな@higemisonakochiさんのツイートに他の店舗にも出来ていたという声や、「店員同士が危なくないか?」といった声などが寄せられていました。

・逆に、ここまで徹底して予防をしてくれるから、お客さんも安心して利用出来ると思う。 
 
・パン屋さんにも出来てました!むしろ、パン屋はずっとそのスタイルでいてくれと願うばかりです。 
 
・店員さんのマスクがないのかぁ。結果的にシールドの方が安くなるし良いかもしれない。 
 
・客と店員の間の感染は避けられそうだが、店員同士が危なくないか? 
 
・感染者出たって閉店されるのも困るし大歓迎。

なるほど・・・そう言われれば、店員同士が密閉された空間になりそうなのは懸念点かもしれません。

いずれにせよ、安心感がわいてくることは確かですし、お客さんのことを思って予防策を徹底しようというお店側の気持ちが嬉しいですよね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@higemisonakochi)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事