「世間もこのくらいのテンションで休業してもいいと思う」整体院の休業告知がおもしろい

新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、様々なお店や施設が休業。感染の終息が目処が立たない状況下で、「この日から営業再開します」とはなかなか言い切れない状況です。

お店側としては休業の告知方法にも頭を悩ますかと思いますが、とある整体院の告知の仕方が潔くユニークなアイディアだったのでご紹介します!

このくらいのテンションで休業したら?

はっきりとした休業期間を伝えられない時は、シンガーソングライターの松原 麗志郎(@Ray_MONSTERS_M)さんが見かけた、こちらの内容で伝えるのもアリかもしれません(笑)

本日、店主はミッドガルへと旅立ちます 
 
無事帰還したら また開店いたします

こちらは、新宿1丁目にある「整体ケアルラ」さんに掲出されていたホワイトボード。

ファイナルファンタジー(FF)好きの店主が運営している整体院だそうで、お客さんだけでなくスタッフさんたちもゲーマーやアニメオタクが多いのだとか。

ちなみにボードに書かれてある「ミッドガル」とは、人気RPGゲーム『ファイナルファンタジーVII』やその続編・外伝的作品に登場する架空の都市のことで、店主はそんなミッドガルへと旅立ったみたいです(笑)

短くシンプルなメッセージの中に、ユーモアがありますし、いつ営業できるか分からない状況を逆手にとった伝え方ですよね。確かに、これぐらいの心持ちの方が良いのかもしれません。

悪い奴らから星を救いに行くのなら仕方がない

この休業告知に対して、同ゲームの内容を知っている方からは「悪い奴らから星を救いに行くのなら仕方がない」といった声、そのほかには「こういうノリができる社会になってほしい」といった声も寄せられていました。

・俺もミッドガルへ旅立ちたい。 
 
・「こんな時に海外に行くなんて!」って思ったけど、ミッドガルだったらどこの国、都市よりも最も安心だからぜひ楽しんでほしい。 
 
・達筆なのがまたいいですね(笑) 
 
・ミッドガルか・・・悪い奴らから星を救いに行くのなら仕方がない。 
 
・こういうノリができる社会になってほしい。

お店が苦しいことには違いないと思いますが、そんな状況でもこうしたユーモアを見せてくれる店主。きっと素敵な方なんだろうなと想像してしまいます。

日々暗いニュースが耳に入ると気持ちが滅入っていきますが、苦しく先が見えない状況だからこそ、こういう心持ちでいることも大切なことなのかなと感じます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Ray_MONSTERS_M)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事