新型コロナの影響で2ヶ月臨時休業していた間に・・・お店の革製品がカビだらけに! | FUNDO 新型コロナの影響で2ヶ月臨時休業していた間に・・・お店の革製品がカビだらけに! – FUNDO

新型コロナの影響で2ヶ月臨時休業していた間に・・・お店の革製品がカビだらけに!

2020.5.19


新型コロナウイルスの影響を受け、商業施設などが臨時休業となった国は少なくありません。

そんな中、約2ヶ月間臨時休業を行っていたマレーシアのとあるデパートで、休業期間に靴やカバンなどの革製品がカビだらけになるという悲惨な出来事に見舞われたお店が話題になっています。

新型コロナの影響はこんなところにも


感染防止対策として3月に活動制限令が出され、生活に関わるお店以外は通知があるまで閉鎖という措置が取られていたマレーシアでは、今月5月から経済活動など一部規制緩和が行われています。

しかし、とあるデパート内にある革製品のお店は営業再開を素直に喜べません。お店の関係者と思われる男性が公開したこちらの写真をご覧ください。

出典:Facebook

出典:Facebook

出典:Facebook

出典:Facebook

出典:Facebook

なんと臨時休業の間に、本革の靴やバッグ、ベルトなどが全てカビだらけの状態に!

出典:Facebook

出典:Facebook

出典:Facebook

出典:Facebook

出典:Facebook

商品だけでなくお店のソファもこの通り。

出典:Facebook

これはかなり悲惨ですよね・・・。

詳しい事情は不明ですが、ネットでは臨時休業の期間にお店の空調が止められていたのが原因ではないか?と考えられています。革製品といえば過剰な湿度が天敵ですが、東南アジアのマレーシアは非常に湿度が高い国。となると、やはり空調が原因かもしれません。

しかし、大事な商品を守るためとはいえ臨時休業中で売り上げがない中、空調を使い続けるとなるとコスト面での負担が大きいでしょうし、お店にとっては難しい判断だったことが想像できます。

ちなみに、本革製品がカビだらけなのに対し、そうでない製品はカビが目立たないことから「本革かどうか簡単に見分けられる」という声も上がっており、投稿者の男性は「合皮製品もカビが生えてるけど、本革ほどはないかな」と話しています。

新型コロナウイルスの意外な影響に驚かされましたが、中には衝撃的な光景を目にしてお気に入りの革製品の手入れをしようと思い立った人もいるかもしれませんね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(@Nex Nezeum)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加