「リムる」ってどういう意味?ネット社会だからこそ知っておきたいSNS用語 | FUNDO 「リムる」ってどういう意味?ネット社会だからこそ知っておきたいSNS用語 – FUNDO

「リムる」ってどういう意味?ネット社会だからこそ知っておきたいSNS用語

2020.6.15

rimuru
Twitter、LINE、Facebook、Instagramなど・・・今もなおWEBで急速に普及されているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。

SNS上では日々新しい専門用語が誕生していますが、例えば『リムる』という用語がどんな意味なのかご存知ですか?

今回は、”聞いたことはあるけど詳しいことはいまいち分からない・・・”と思われるSNS用語を解説したいと思います!自信のない方はぜひチェックしてみてくださいね。

リムるとは

rimuru
『リムる』とは、相手との繋がりを絶つときに使うSNS用語です。

英語で「削除する、取り除く」を意味する「Remove(リムーブ)」が由来です。

例えばTwitterの場合、フォローしていた相手のフォローをやめる時に使います。その他、友達登録やフレンドリストから削除するときなどに使われる用語です。



リムると同様のSNS用語

sns
ここからは『リムる』と似た意味をもつSNS用語をご紹介します。

ブロ解(ぶろかい)


TwitterやInstagramでは、自分が相手のフォローをやめる(リムる)ことはできますが、相手から自分へのフォローを勝手に外すことはできません。

でも相手からのフォローも外したい・・・そんな時に”ブロック”をすることで、お互いのフォローを強制的に外すことができます。

とはいえ、ブロックしてしまうと相手のツイート自体を見ることができなくなってしまいますし、相手からも自分のツイートは見えなくなります。

そもそも「ブロック」とは、相手の存在を拒否することです。ツイートを見たくないユーザーや、迷惑なユーザーとの交流を絶ちたいときに使う機能です。

そうなると、あくまで相手からのフォローを外させたいというのが目的なら、自分のツイートを見られないようにしたいというほど強い拒絶はないということになります。

そこでブロックをした後に、そのブロックを解除することでお互いが出会う前の状態に戻し、関係性をなかったことにしましょうという意思表示を暗にすることができます。

『ブロ解』とは、このようにブロックをしてお互いのフォローを外した後に、ブロックを解除する(ブロックをやめる)ことをいいます。

少しややこしいですね。では、どんな時に使うか例を見てみましょう。

ブロ解の使用例


例えば、期間限定でチームを組んで仕事をした場合、仲間同士でお互いにフォローし合って情報を共有していたとします。

そして、プロジェクト終了後にチームが解散すると、情報を共有する必要がなくなったり欲しい情報の優先順位が変わったりしますよね。

それほど重要な情報交換はしないけど、お互い嫌いになったわけではないのでブロックはしたくない場合に、「ブロ解」をするとフォローはしていなくとも、お互いにツイートを見ることはできるし、必要であれば再度フォローすることができるのです。

『ブロブロ解除』『B解』『B→B解』と表記されることもあります。

ミュート


ミュート(mute)とは、日本語に訳すと「音声を出さない」「無音・無言の」を意味します。

Twitter上でフォローしている特定のユーザーをミュートすると、その相手のツイートはタイムラインに表示されなくなり、見ないようにすることができます。

フォローは解除されないですし、相手にミュートをした通知も届きません。

そのためやり取りに関しては今まで通りにでき、相手に自分がミュートされたことに気付かれることもありません。

ツイートが多過ぎる相手や、自分にとって必要のないツイート、そして見たくないツイートなど、フォローを外すことができない相手に対して使うと便利な機能です。

知っておきたい他のSNS用語

sns
この他にも良く使われるSNS用語はたくさんあります。ここからは主にTwitterで使われる用語をご紹介しますね!

リプ


『リプ』という用語は、英語の「リプライ(Reply)」の略で、「返信・返答・応答・答弁」の意味があります。

あるツイートに対して、メッセージを返信することをいいます。

「この件に関して意見のある方はリプお願いします」とツイートに書いてあったら、意見を取り交わしたいという積極的な意思があるということですね。

フォロバ


『フォロバ』とは、「フォローバック(follow back)」の略で、自分のアカウントをフォローしてくれたユーザーに対して、フォローし返すことをいいます。

アカウント名や自己紹介文に「フォロバ100%」と書いてあった場合、そのアカウントをフォローしたら、フォローをし返してくれるアカウントだという事になります。

お互いフォローし合っている状態のことを『相互フォロー』『ff内』ともいいます。

パクツイ


『パクツイ』は、「パクる」と「ツイート」を合わせてできた言葉で、他人のツイートをパクって自分の発信と装ってツイートすることです。

注目を浴びている、もしくは浴びそうなツイートの文言や写真などをパクツイすることで、自分のフォロワーを増やしたり「いいね」をたくさんもらったりすることが目的と考えらます。

ツイートにも著作権が認められることがあります。場合によっては著作権法違反になることもあるかもしれないので、SNSを使う際に注意すべき行為ですね。

ちなみに『ツイパク』『パクリツ』とも呼ばれます。

FRB


『FRB』とは、「フォロー・リム・ブロック」を合わせた言葉です

・フォローとは、相手のツイートが自分のタイムラインに表示されるようにする機能
・リム(リムる)は、フォローしていた相手をフォローから外すこと
・ブロックは、お互いのフォローを強制的に外すこと

本来、Twitterでは「フォロー・リム・ブロック」を自由に行ってもいいはずなのですが、中には「勝手にフォローしないで欲しい」「リムするときには一言欲しい」というような独自ルールを敷くユーザーもいます。

そのため、トラブルが起きないよう予めプロフィールに「FRBご自由にどうぞ」と書いている人もいるのです。

まとめ


『リムる』とは、フォローを解除する、フォロワーであることをやめるというSNS上での関係を立つ際に使われる用語です。

今後ますます発展していくと思われるSNS。全ての用語を覚えるのは大変ですが、ご自身が使う機能の用語だけでも覚えておくと、活用の幅が広がるかもしれませんね。
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加