先生、素晴らしい!あのリズムネタを使った小学2年生の斬新で楽しい3密対策が話題に

緊急事態宣言が解除されて少しずつ経済活動や学校などが再開されてきていますが、まだまだ3密を避けたりなどの新型コロナウイルス対策を続けていかなければなりませんね。

そんな中、Twitterユーザーのなお(@NAO_R_Y_)さんの息子さんが通う学校では、子どもならではの楽しいソーシャルディスタンスを実施していました。

先生の発想が素晴らしい!

小学2年生の息子さんのクラスでは、先生が子どもたちに「離れて」や「近づかないで」とは言わないそうで。

一体どのように子どもたち同士のソーシャルディスタンスを保っているのかと思ったら、なんと子どもならではの楽しい方法で3密対策を行っていました。

両手を広げて、「ティー!ティティ!ティーティーティティ!!」と言うリズムネタでお馴染みのTT兄弟ですね!

こちらはお笑いコンビ、チョコレートプラネットのキャラクターで、大人から子どもまで広い世代に大人気です。

たしかに両手を肩まで上げると、ちょうど良い感じに相手との距離を保つことができますもんね。しかもリズムに乗りながら楽しく。

ちなみに子どもたちがわらわら集まり、密の状態になってしまったときに、先生が「ティー」と叫ぶそうです(笑)

本当に先生の発想が素晴らしいですよね。さすがっす!!

みんなで楽しくソーシャルディスタンス!

なおさんが投稿したエピソードに、Twitterでは先生を称賛する声などが寄せられました。

・これ、上手い! 
 
・天才かと思いましたwww大爆笑! 
 
・近づく人は「そろりそろり」と言って近づき、近づかれた人は「どんだけー」といって離れましょう。 
 
・私も子どもたちに距離感わからないって言われたので、「両腕広げた位」って説明しましたが、まさかそれがTT兄弟に繋がるとは! 
 
・先生すごい!想像したら可愛すぎてヤバい

また、なおさんは「すごい素敵な先生に担任してもらえてよかった」とコメントしています。

「マイナスな言葉を使わずに、子供たちの楽しい気持ちも壊さずに。」

これって本当に難しいことですよね。それをやってのける先生に脱帽です!

そして新型コロナ対策でギスギスしがちな環境を、楽しく乗り切るTT体操。素敵な先生のアイディアにほっこりしました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@NAO_R_Y_)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事