貴社と御社はどのように使い分ける?意味は同じなのに使い分けがあるビジネス用語 | FUNDO 貴社と御社はどのように使い分ける?意味は同じなのに使い分けがあるビジネス用語 – FUNDO

貴社と御社はどのように使い分ける?意味は同じなのに使い分けがあるビジネス用語

2020.7.10

ビジネスの世界で相手の会社のことを表現する際に、「貴社」と「御社」のどちらを使えば良いのか曖昧にしている人がきっと多いと思います。

そこで、ここでは貴社と御社の使い分けについてご紹介します。

さらに、意味は同じなのに使い分けが必要な他のビジネス用語も併せて解説するので、社会人の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

貴社と御社の意味は?


「貴社」と「御社」には、そもそもどのような違いがあるのでしょうか?

実際のところ、意味だけなら同じ言葉なのですが使い方に違いがあるので、正しく理解しておきましょう。

どちらも相手方の会社に対して使う


貴社と御社は、相手の会社に対して敬意を表して使う言葉で、意味はどちらも同じです。

ただ、使うシーンによって使い方が違ってくるため、ビジネスマナーとして正しい使い分けを知っておきましょう。

貴社と御社の違い


「貴社」は書き言葉で、「御社」は話し言葉です。

面接など口頭では「御社」を使い、履歴書などの書類では「貴社」を使うのが正しいビジネスマナーとなっています。

これらの使い分けが逆になっている人も多く、面接や履歴書などで「ビジネスマナーがなっていない」と判断されてしまうケースもあります。

電話でやり取りする場合であれば「御社」を使うのが一般的で、メールでやり取りする場合は「貴社」を使うのが基本です。

つまり、話し言葉なのか書き言葉なのかで違うので、使い分けに注意しましょう。

また、会社様や企業様という要領で、貴社様や御社様などという使い方も稀に見られますが、これでは二重敬語となってしまいます。

すでに貴社や御社が敬語となっているので、二重敬語にならないように気を付けたいですね。



会社以外にも色々応用される


「社」以外でも、「貴」や「御」を使うケースはあります。この場合も基本的に、書き言葉には「貴」を付け、話し言葉には「御」を付けるのが一般的です。

こちらはその使用例です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

・銀行:貴行、御行
・信用金庫:貴庫、御庫
・協会:貴会(貴協会)、御会(御協会)
・学校:貴校(貴学園・貴学院)、御校(御学園・御学院)
・病院:貴院、御院
・郵便局:貴局、御局

「貴」や「御」という文字は相手に対して敬意を示すものなので、社会人だけではなく、学生も正しく覚えておく必要があります。

弊社や当社の使い分け


貴社や御社は相手の会社に対して使う言葉ですが、逆に自分の会社に対しては「弊社」や「当社」と表現することもあります。

その使い分けについても、ここでご紹介します。

敬語の種類が違う


「弊社」と「当社」という言葉は、どちらも自分の会社を指します。

敬語の種類が違い、「弊社」は社外の人に対して使う謙譲語となるのに対して、「当社」は社内の人に対して使う丁寧語となります。

どちらかというと、「弊社」の方がへりくだった印象ですね。

その他にも「わが社」や「自社」などの言い方がありますが、使う相手との関係によって様々変わるため、明確なルールはありません。

なお、「弊社」と「当社」は書き言葉としても話し言葉としても使えるので、敬語の種類によって使い分けるのが正しいビジネスマナーです。

御中と様の使い分けは?


ビジネスでは、相手に対して「御中」や「様」を付けることもありますよね。その場合の使い分けはどうなるのでしょうか?

御中と様の併用はOK?


結論から言えば、「御中」と「様」の併用はNGです。

「御中」は組織の中の誰かに対して使う言葉で、「様」は特定の個人に対して使うのが基本となります。

就職活動で初めて応募する場合は人事部の誰に届くかわからないため、「株式会社○○ 人事部御中」と表記するのが正しいと言えるでしょう。

その一方で、人事部の誰が担当してくれているのかすでに判明しているのなら「株式会社○○ 人事部 ○○様」と表記するのが正しいです。

「株式会社○○御中 人事部 ○○様」というように両方使うのは、ビジネスマナーとして間違いなので注意してくださいね。併用はできません。

例外として、採用担当の名前がわからない場合、あらかじめ決まっていることもあるため、「株式会社○○ 採用担当御中」や「株式会社○○ 採用ご担当者様」と表現したりしても間違いではありません。

その他、役職が付いている方はその役職名自体が敬称となる場合もあります。その場合は御中や様を使うのではなく、「○○社長」や「○○部長」という使い分けで問題ありません。

就活生は特に「御中」や「様」の使い方が間違っていることもあるので注意したいですね。

また、社会人も社内の人に対して使い方が間違っていることもあるため、今一度見直した方が良いかもしれません。

まとめ


「貴社」と「御社」は同じ意味の言葉です。「貴社」は書き言葉で、「御社」は話し言葉というのがビジネスマナーとなっています。

その他、「弊社」や「当社」、「御中」や「様」などのように使い分けが必要な言葉がたくさんあるので、就活生はもちろん、社会人の方もいま一度正しく理解しておくと安心かもしれませんね。
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加