「いっかげつ」の書き方は1ヶ月、1ヵ月、1か月、一箇月とあるけど・・・どれが正解?

「いっかげつ」を漢字で書く時、みなさんはどのように書きますか?「1ヵ月」「1か月」「1ヶ月」「1箇月」など、人によって様々ですよね。

そんなバリエーション豊富な「かげつ」の書き方ですが、どの書き方が正解はなのでしょうか?

今回は、「いっかげつ」の書き方について解説していきたいと思います!

どれも正解

結論を最初に言ってしまうと、実は「ヶ月」「ヵ月」「か月」「箇月」のどれを使っても間違いではありません。

ただ、どれも正解にしているからこそ、人によって使う字がごちゃ混ぜになってしまっているのが現状ですよね。

使い分けることもできなくはないので、どのような使い分けがあるのかをここから解説していきますね。

法令や公文書、放送で使えるのは「か月」「箇月」の2つだけ!

「いっかげつ」を表す文字はたくさんありますが、法令や公文書や放送など業界で使えるのは「か月」と「箇月」の2つだけだとされています。

なぜこの2つだけが使用できるのでしょうか、その理由を解説していきますね。

「か月」を使う場合

「か月」を使うシチュエーションは、主に算用数字を用いる場合です。

算用数字とは「0、1、2、3、4、5、6、7、8、9」のようなアラビア文字の数字のことで、この場合だと表記は「1か月、2か月」のようになります。

ちなみに、メディアの中では統一しないと分かりづらいということもあり、「か月」を使うように決めているところが多いです。

「箇月」を使う場合

「箇月」は、漢数字を用いる際に使うのが一般的となります。

漢数字とは「零、一、二、三、四、五、六、七、八、九」のように漢字の数字のことで、この場合の表記は「一箇月、二箇月」のようになります。

なぜこの「箇月」という表記が法令や公文書で使われるのかというと、それは「箇」という漢字が常用漢字とされているからです。

常用漢字とは

常用漢字とは、内閣が明記している「法令・公用文書・新聞・雑誌・放送などの社会生活上で使われる現代国語を書き表す際の漢字使用の目安を示すもの」です。

目安となる漢字が一覧表となっていることから「常用漢字表」と呼ばれ、同じ意味で同じ読み方の漢字が候補に挙がった場合、この常用漢字表に載っている方を使う方が無難となることもあります。

しかし、常用漢字表に載っていない漢字を使うのが間違いかというと、そうではありません。

あまり見かけない字よりも、より使われる字はこれという目安があることで、見る側と読む側が理解しやすくなります。

また、発信する側も伝えやすくなるというメリットがあります。そのためにこの常用漢字が制定されているというわけなんですね。

カタカナの「ケ」がなぜ「一ヶ月」に使われるの?

公式では「か月」や「箇月」を使うのが主流だということは分かりましたが、その他にも「ヶ月」などの書き方も目にすることが多いですよね。

なぜカタカナの「ケ」が、「か」という読み方で使われているのでしょうか?

「ヶ」はカタカナではない

「ヶ月」の「ヶ」はカタカナの「ケ」だと思われがちですが、実はカタカタの「ケ」ではありません。全く別の文字なのです。

桃太郎に出てくる鬼の住処「鬼ヶ島」は、「おにがしま」と読みますよね。これは「鬼がいる島」という意味です。

その「おにがしま」をはじめとした「が」の用法を連体助詞といい、名詞や代名詞を修飾する役目のある言葉です。

そして「ヶ月」の「ヶ」もカタカナの「ケ」ではなく、連体助詞の記号的な役割のある文字として用いられています。

ちなみに「鎌ケ谷市」や「関ケ原町」といった地名では、正式名称に「ヶ」ではなく「ケ」を用いています。

原型は漢字「个」

なぜカタカナの「ケ」ではないのに、それにそっくりな「ヶ」を用いているのでしょうか?

実は「ヶ」はもともと、「个」という漢字が原型とされた記号なのだそうです。

さらに「个」という字は、公文書などで用いることができる常用漢字「箇」の略字とも言われています。

一説には「箇」の竹かんむりの一部から生まれた略字といわれています。念のためご紹介しておくと「个」の読み方は、もちろん「か」です。

「箇」が画数も多いので「个」が生まれ、さらに派生して「ヶ」という記号が生まれたということですね。つまり、「ヶ=箇」ということです。

「ケ」の小文字扱いされることもある「ヶ」

「ヶ」は、カタカナの「ケ」とは由来が違うと説明をしましたが、その一方で「ケ」の小文字扱いされることもあります。

例えばJIS規格では「小書き片仮名ケ」とされていますし、Unicodeでも「KATAKANA LETTER SMALL KE」とされています。

まとめ

「いっかげつ」は「か月」「箇月」「ヶ月」「ヵ月」、どの書き方でも大丈夫です。

媒体や状況によっては規格化され統一した用い方をしていることもあります。例えば、法令や公文書では漢数字を用いている場合は「箇月」が使われています。

また「ヶ月」という表記の場合、「ヶ」はカタカナの「ケ」とは別の字になりますので注意が必要です。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事