「一匹狼」はどこから生まれた言葉?英語でロンリーウルフとは言わない?

孤独を愛する人や孤高を目指す人を指して、「一匹狼」と表現することがしばしばあります。
そもそもこの「一匹狼」という言葉はどこから生まれたのでしょうか?

ここでは一匹狼という言葉について、その意味や由来について見ていきましょう。

一匹狼とは?

 

一匹狼とは、単独行動する狼のから来た言葉です。
人間のことを指す場合は、孤独な人や孤高の人を意味する言葉となります。

なぜ狼なのか?

 

孤独や孤高な生き物はたくさんいるのに、なぜ「狼」という言葉が使われているのでしょうか?

狼は群れる生き物

一匹狼という言葉は、本来群れで行動するはずの狼が単独で行動していることに由来しています。
狼はペアと呼ばれる夫婦や、パックと呼ばれる群れを作って集団生活します。
狩りをするにも仲間と協力したりすることが多く、単独で生きていくのは簡単ではありません。

しかし、そんな集団生活を行う狼だからこそ、そこから離れたものを「一匹狼」と目立つ存在として捉えたわけです。

実際の狼にも一匹狼が存在

一匹狼は現代では人間に使われることが多いですが、実際の狼にも一匹狼は存在します。
もともとペアの狼は生涯を共にすることが多いですが、そこから生まれた子どもの狼はいずれ大人になると、パックを離れて生活するようになります。
同い年の兄弟や姉妹が同時期に群れを離れる場合は、しばらく一緒に行動することもあるそうですが、原則としては一匹狼になることが多いです。

そして、成長した一匹狼は放浪の末、新しいペアとなります。
そこでまた新しいパックを作り、子どもを産んで育てるというのが本来の狼のライフサイクルです。

中には他のパックに乱入して同性の狼の命を奪い、そのパックごと乗っ取るという一匹狼も存在します。
そのこともあって狼の群れは一匹狼を警戒し、縄張りに入ると攻撃することもあるそうです。
ですから、一匹狼の死因としては、他のパックに襲われることが原因となることが多いとされています。

比喩で人にも充てられた

単独行動をする一匹狼の姿が転じて、孤独を愛したり、孤高を目指したりする人を指す言葉として「一匹狼」という言葉が使われるようになりました。
類義語として「はぐれガラス」や「はぐれザル」など動物を模したものもあります。

一匹狼は集団行動ではなく単独行動をする人を指すのが主で、単に孤立しているというよりは、自分から好んで1人になっている人を指すことが多いです。
ひとりぼっちと言えばネガティブな意味になるのですが、一匹狼はどちらかと言うとポジティブな表現となります。

英語でロンリーウルフという?

 

一匹狼は、英語でどう表現すれば良いのでしょうか?

"孤独"と"狼"だから直訳してロンリーウルフ・・・とはなりません。
実は他の英語表現があるんですよ。

ロンリーウルフは曲名

一匹狼を、Lonely wolf(ロンリーウルフ)とはあまり言いません。ロンリーウルフだと沢田研二さんが1979年にリリースした曲名になってしまいます。
日本では楽曲やテレビなどで「ロンリーウルフ」という単語が使われたことで、一匹狼の英語表現がロンリーウルフであるという認識が広がったようです。

一般にはLone wolf(ローンウルフ)

一匹狼を表す英語表現は「Lone wolf(ローンウルフ)」となることが多いです。

「Maverick(マベリック)」と表現することも稀にあります。
「焼印の押されていない仔牛」を意味する言葉なのですが、それが転じて「一匹狼」としての意味で使われるようになったそうです。

まとめ

「一匹狼」は、日本語表現の中でもかっこいい印象のある言葉ですね。
この言葉は、本来は集団行動をする狼が単独行動することに由来しており、人間でも同じように好んで1人でいる人を指すことが多いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事