「正義が暴走した日」幼稚園で起きた出来事を描いた漫画に深く考えさせられる

2児のヲタママであり、育児やヲタ活のブログを運営されているエェコ(@nakiri_aik)さん。

そんなエェコさんが「正義が暴走した日」と、娘さんの幼稚園で起きたある出来事を描いた漫画に深く考えさせられるのです。

「みんな」が言ってるから正しいとは限らない

それでは、エェコさんがTwitterに投稿した漫画をご覧ください。

事実を確認する前に「みんな」の声が大きくなって、”みんなの声=正しい”に変わってしまった今回の出来事。まさに「正義の暴走」ですよね。

娘さん怖かっただろうなぁ、と想像するだけで胸が痛みます。そんな中で、エェコさんが誰のことも責めず、みんなが仲良くできることを考えてお友達に伝えた「みんなが言ってるからそれが正しいって思わないで、両方のお話もちゃんと聞いてあげて」「もし誰かが悪くてもその悪かった人のお話も聞いてあげて。責めるだけじゃなくて、どうしたら仲直りできるか考えよう」という言葉が心に強く響くと同時にハッとさせられました。

なぜなら、正義の暴走というのは私たち大人社会にも存在しますよね。ネットで「みんな」の声が独り歩きして事実とは異なる噂が広まったり、正義という名のもとで大勢が一方的に誰かを攻撃したりするのもそうですよね。そんな状況を周りやネットで目にした時、エェコさんの言葉が迷わず自分の取るべき行動へ導いてくれる気がします。

エェコさんのブログもぜひ!

ヲタママだというエェコさんは、お子さん2人の育児やヲタ活の日常などを4コマ漫画で綴ったブログ『ヲタママだっていーじゃない!』を運営されています。ぜひ覗いてみて下さいね。

エェコさんのブログはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@nakiri_aik)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事