「私からこれ以上奪わないで」オタクが体調不良になった話に共感の声

新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、私たちの暮らしは一変しました。

仕事や勉強をはじめ、旅行、ライブ鑑賞、スポーツ観戦、食事など、何もかもが制限されて光の見えない真っ暗なトンネルを歩いているかのような日々が始まりました。

そんな生活が続く中、心身ともに疲れ果て体調を崩してしまったという方も多いのではないでしょうか!?

オタクが体調不良になった話

今回ご紹介するのは、ご自身をオタクと称する漫画家の環月紙袋(@kanduki_lily)さんが体調不良になってしまったという実話。

オタクとしてのあらゆる楽しみを奪われ、精神的に落ち込んでいく様子が描かれています。

いかがでしたでしょうか!?漫画で描かれている内容はあくまで環月紙袋さんのケースではありますが、自粛生活以降、何かしら体調に不調をきたしたという方は多いのではないでしょうか。

環月紙袋さんはコミケが中止になった際、「私からこれ以上奪わないで」と泣いてしまった覚えがあるとのこと。自分が心底楽しみにしていたライフワークが奪われることほど、辛いものはありませんよね。

同じ発作を先日起こしました

この漫画に対しては、「紙袋様と同じ発作を先日起こし、なんとか今は普通に療養出来ております」と同じ経験をされたという共感の声や、「きっと改善すると思うので、無理なく過ごしてください」と励ます声などが寄せられていました。

・自分も紙袋さんとほぼ似たような症状があって今は治りかけてはいるんですが、自分もいきなり起きて怖かったです・・・。 

・元々自律神経失調症持ちでしたが、コロナ禍での様々な問題と家族間不和のストレスで症状悪化と過去最高レベルの鬱になり、職も失いました。今は復職しつつも休み休み通っていて、情けないなぁという葛藤と戦っています。メディアの煽りは本当に要らないです。お互い自愛しましょう。 

・私も経験しましたが、やっぱり症状はそれぞれ違いますね。私の場合は、息が吸いにくい、不安、めまいが一気にくる感じでした。運転中が始まりでしたけど、ひどい時にはどこでもゲリラ的に症状出てました。環月さんもきっと改善すると思うので、無理なく過ごしてください。 

・私は元々パニック障害持ちでしたが、紙袋様と同じ発作を先日起こし、なんとか今は普通に療養出来ております。私もオタクで、楽しみにしていたライブやイベントがどんどん無くなっていき、とても共感出来る漫画でした。この情勢ですが、どうかお身体に気を付けてお過ごし下さい。

精神的にショックを受けると体調不良の引き金になってしまうことがありますし、過度なストレスが長い期間続くと体のどこかに症状が出てきたりしますよね。

好きなことが思うようにできない辛さはなかなか拭えませんが、無理のない範囲で小さな幸せや楽しさを見つけながら生活していくしか今はないのかなと思います。

今回の環月紙袋さんの話に、共感できる部分は多かったのではないでしょうか!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kanduki_lily) / Twitter(@kanduki_lily)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事