グンカンドリ、名前は勇ましいが餌の獲り方は情けない?

世界には私たちが普段見かけないような生物がたくさんいますが、グンカンドリもその1つでしょう。
世界の熱帯・亜熱帯に広く分布するグンカンドリは、数か月間も休まず飛んでいられる鳥です。

またグンカンドリは名前は勇ましいですが、餌の捕り方は情けなくてちょっぴりユーモラス。
ここでは知られぜるグンカンドリの生態について調べてみましょう。

グンカンドリとは


グンカンドリは高い飛翔能力を持っていて、途中で地上に降りることなく2ヶ月も飛び続けることができる鳥です。
ここではグンカンドリの特徴をまとめてみましょう。

生息地

世界の熱帯・亜熱帯の海洋に広く分布しており、主な分布域は太平洋とインド洋、カリブ海です。
大西洋での分布域は限られています。

大きさ

グンカンドリの中でも最大の大きさを誇るオオグンカンドリは体長100㎝、体重1.2㎏、翼開長は240㎝にもなります。
大きさの割に非常に体重は軽いです。

生態

オオグンカドリは赤く膨らんだ喉袋が特徴的な海鳥です。
この赤い喉袋は成熟したオスのみが持ちます。
求愛時にはこの赤い喉袋を大きく膨らませてへアピールをメスにするのです。

一方、メスには喉袋がなく、胸が白くなっています。

グンカンドリは成鳥になると全身が黒くなりますが、雛の時代は全く色が異なります。

ご覧のように全体的に真っ白です。
成長するにしたがい、羽まわりから徐々に黒くなっていきます。

残念なことにグンカンドリは、海鳥であるものの羽の撥水性が悪いため、全く泳ぐことはできません。
そのため水面に降りずに、もっぱら洋上を飛び回って過ごしています。

食肉性で、魚類や軟体動物を主に食べます。
オオグンカンドリの尾羽はV字型になっています。
また、細長くかぎ状になっているクチバシは獲物である魚をとらえるのに適しています。

コロニーを形成し、その中で繁殖を行います。
主に樹上に巣を作って1回に1個の卵を産み、オスが巣材を集め、メスが卵を温めます。
ヒナ6は8~11年で成熟し、寿命は20年ほどです。

ずば抜けた継続飛翔能力

グンカンドリはずば抜けた飛翔能力を持ちます。
大きな翼による飛翔能力は、なんと数百キロもの距離を飛ぶこともできてしまうんです。
また、上空から降下してくる速度も、鳥類の中では群を抜いて速いとされています。

グンカンドリは、途中で地上に降りることなく2ヶ月以上にわたって飛び続けることができるということも研究結果から明らかになっています。
1日の平均飛行距離は410kmにもなるんですよ。

数ヶ月も楽々飛び続けられるなんてすごいですよね。

ではなぜそんなにも長い間、飛び続けることができるのでしょうか?
それはグンカンドリが、非常に少ないエネルギー消費量で飛ぶことができるからなんです。

グンカンドリの飛行パターンは「ジェットコースター飛行」と呼ばれています。
ジェットコースター飛行とは、積雲の下にある対流を利用して、羽ばたくことなく大気の流れの中を滑るようにして高度を上げて飛ぶ方法です。

このジェットコースター飛行をすることによって、少ないエネルギーで飛ぶことができ、上昇飛行中には短い周期で数分ずつ睡眠をとっていることも分かっています。
飛びながら寝ることができるとは驚きですよね。

グンカンドリは餌を獲るのが下手!!

グンガンドリは休みなしに数ヶ月も飛ぶことができるほどの飛翔能力があります。
しかし、実は餌を捕獲するのはとっても下手なんです。ここではグンカンドリの捕食に関する以外な一面をまとめてみましょう。

海鳥なのに水が大敵

グンカンドリは熱帯・亜熱帯の海洋に生息する海鳥です。
皆さん海鳥と聞くと、泳ぎが上手というイメージを持っているでしょう。中には空から海にダイブして魚を捕まえるなんて鳥もいます。
しかし、グンカンドリは海鳥なのに水が大敵で、泳ぎがとっても苦手なんです。

オオグンカンドリの羽毛には油分が少ないため防水性、撥水性はほとんどなし。
ですから、海鳥であるにも関わらず水面に浮かぶことも、泳ぐこともできません。

オオグンカンドリが海に落ちてしまった場合、ほとんどの場合は溺死してしまうそうです。
カナヅチな海鳥って意外すぎますよね。

最終手段はカツアゲ

グンカンドリの餌となるのは、魚介類やイカなどの小動物です。
採餌の際には水面すれすれを飛んで、小動物を長いくちばしを使ってさらいます。
また、海岸や海鳥の繁殖地に訪れて、鳥の卵やヒナ、ウミガメの子供などをさらって捕食することもあります。

さらに最終手段としてはカツアゲのように餌をとっていくこともあります。
得意の飛行能力を活かしてミズナギドリ類やカツオドリ類などを襲撃してしつこく追いかけまわし、他の鳥が飲み込んでいた獲物を吐き出させて奪い取るのです。
まさにカツアゲですよね。

ただ相手の鳥が、グンカンドリは水が苦手ということを知っている場合には、着水や潜水をされて逃げていくので、手出しができずに採餌が失敗するなんてこともあります。

オオグンカンドリの求愛行動

オオグンカンドリの求愛行動は、成熟したオスにある真っ赤な喉袋を使って行います。
オオグンカンドリの喉袋はオスにしかなく、繁殖期になると喉袋が真っ赤になり、風船のように膨らませます。

メスを見たら、膨らんだ赤い喉袋と広げた翼を使って、精一杯のアピールをするのです。
翼を広げた姿は240㎝にもなりますし、風船のように膨らんだ真っ赤な喉袋はかなり目立つので、1度見たら忘れられない求愛行動と言えるでしょう。

グンカンドリ、カッコいい名前の由来

グンカンドリという名前にはいくつかの由来があります。それがこちらです。
・全身が「軍艦」のように黒い羽毛で覆われていること
・他の鳥を襲って獲物を横取りすること
・雛や卵を食べてしまうこと

軍艦と言うと黒くて大きいイメージ、怖いイメージ、戦いのイメージなどがあるでしょう。
グンカンドリはまさに軍艦のように黒く、他の鳥を襲って餌を奪っていく、卵やヒナをかっさらって行く・・・など恐ろしいイメージがぴったりです。

まとめ

日本では見ることができないグンカンドリですが、見た目はもちろん、その飛翔能力の高さ、餌の採り方など興味深い点がたくさんありますね。
熱帯・亜熱帯地方に行く機会があれば、ぜひグンカンドリの求愛行動、飛行姿を見てみたいものです。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事