日本最北端の地・宗谷岬の近くで発見されたとんでもない看板が話題に!

日本最北端の地として知られる、北海道稚内市の宗谷岬。観光スポットとしても有名なその地で、とんでもない看板が発見されて話題になっています!

気が遠くなる距離・・・

投稿されたのは、Twitterユーザーのおみねみやこ9(@Ominemiyako9)さん。宗谷岬の近くで見つけたという看板の写真を投稿しています。

看板を見ると、「GUEST HOUSE BASE OKINAWAまでここから折り返して3400kmの文字が・・・!!これをあえて表示するか?という凄まじい距離です。

ちょうど日本の端から端まで行くような感じですよね。BASE OKINAWAは那覇市の中心にあるゲストハウスで、波之上ビーチから徒歩1分に位置しているとのこと。まさか宗谷岬でアピールするとは凄いですね(笑)

こんな看板もありますよ!

この看板を見た方々から、負けてませんよと言わんばかりにインパクト抜群の看板の写真が寄せられていました。

どれもこれもインパクト抜群で、二度見、三度見は確実です。「月まで3km」という表示も、必然的に表示されたものとはいえ面白いですね!

再び観光客が戻る日々を願って

北海道にしろ、沖縄にしろ、日本有数の観光スポットが目白押しですが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により厳しい続いています。

宗谷岬の先端、北緯45度31分22秒の日本最北端の地を標す「日本最北端の地の碑」の周辺には、宿泊やお土産店、飲食店などが軒を連ねているにもかかわらず、今の状況は寂しいかぎりです。

以前のように、観光客で賑わう日々が一刻も早く戻ってほしいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Ominemiyako9)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事