見られたら幸せになる?!「グリーンフラッシュ」とはどんな現象

グリーンフラッシュとは太陽が地平線や水平線に沈む一瞬の間、緑色の閃光が見える現象のことを言います。

このグリーンフラッシュは、見られたら幸せになるとされる他、地域によっては夢が叶うなんて言い伝えのある素敵な現象です。
これらの言い伝えはハワイなどの南国に伝わるものですが、実は日本でも見られる現象なんですよ!

ではこのグリーンフラッシュという現象、どのような条件で見られるのか、それをここでは解説していきます。

グリーンフラッシュとは

グリーンフラッシュとは地平線や水平線に太陽が沈むとき、最後の一瞬の間に緑色の閃光が見られる現象のことです。
別名で「緑閃光(りょくせんこう)」と呼ばれます。

グリーンフラッシュ現象が発生する原理としては大気中の光線の屈折によるものだとされています。
主にプリズム効果によって起こると考えられています。

太陽光には波長の異なる光線が連続的に含まれています。
光線中には、屈折率が低い波長の長い光と屈折率が高い波長の短い光があります。

通常、波長の長い赤色の光だけが地表に届くため赤い夕暮れがおきます。
ところが、空気が澄んでいる状態で太陽が沈むと、緑色の光も散乱されずに地表に届くため緑の光が見えるわけです。

これがグリーンフラッシュ現象の真相とされています。

グリーンフラッシュを見たい!

ではグリーンフラッシュはどうやったら見られるのでしょうか。
ここからは具体的にグリーンフラッシュを見るための条件や場所についてご紹介します。

グリーンフラッシュを見る条件

グリーンフラッシュが見られる条件は以下の3つです。

1.高台など地平線や水平線が見られる場所であること 
2.空気が澄んでいて遠方まで見渡せる場所であること 
3.晴れていること

これらの条件が全て揃っていれば、グリーンフラッシュは見られます。

地平線や水平線が見渡せる高い場所であって空気が澄んでいれば見られるとされていますが、そもそも晴れていないと見えません。
雨はもちろん天候が曇りの時も決して見ることはできません。

どこで見られるの?

グリーンフラッシュはハワイやグアムなどの島国で見られることが多いとされています。

しかし、南国だけでなく条件さえ合えば日本国内でも見られます。
事実、2015年7月30日には石垣島天文台が撮影に成功しています。
その他にも小笠原諸島などでも見られる現象です。

両者は日本国内でも南方にありますが、実は東北や北海道でもグリーンフラッシュは確認されたことがあります。

グリーンフラッシュを見ると幸せになる?

ハワイやグアムにはグリーンフラッシュを一緒に見た恋人は一生幸せになるという言い伝えではあります。
非常に珍しい現象であることから幸せになれるという言い伝えだけではなく、夢が叶うという言い伝えも残っています。
古くからグリーンフラッシュは幸せの象徴とされてきた現象となっています。

グリーンフラッシュ観察をするときの注意点

グリーンフラッシュを見たいと思う人は多いと思います。
しかし、あくまでも太陽光なので、直接裸眼で見ることはおすすめできません。

太陽光は非常に強い光であるため、直視すると目を傷めてしまうことがあります。

直接目に入ってくる光の量を減らさないと何かしらの影響が眼球に出てしまうかもしれません。
例えば、太陽を直視し続けていると視神経が影響を受け、最悪の場合は失明してしまうこともあるとされています。

グリーンフラッシュも太陽が沈む直前の太陽光の屈折により見える現象なので、もし観測する場合は直接見ないようにしましょう。

おすすめはサングラスなどをかけて見ることです。
もしくはカメラなどで撮影してから、その撮影した写真や画像を見るようにしましょう。

まとめ

グリーンフラッシュは、夕日が沈む時に太陽の上部が緑がかって見える現象です。
見るには天気も良く空気が澄んでいることという天候条件だけでなく、夕日が沈むのを観察できる海岸の高所にいる必要があります。

国によっては幸運の象徴でもあるので、もし観察したいということならサングラスで観察する他、カメラなどで撮影してみてくださいね。
もしかしたらとても良いことが起こるかもしれません!

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事