へぇ~こんなものが!運河を運航中の船が丘を越えるための装置「インクライン」が面白い!

ポーランドのエルブロンク運河を運航する一隻の船の進行方向は、なんと水がない芝生の丘。”このままじゃ陸に乗り上げてしまう・・・”そう思いきや、ある特別な装置で船が丘を余裕で越えて行きました!

特別な装置「インクライン」

その特別な装置というのが「インクライン」。インクラインとは、傾斜面にレールを敷設し、動力台車で船や貨物を運ぶ特別な装置のことで、日本では京都で使われていた「蹴上インクライン」をご存知の方がいるかと思います。しかし、実際にインクラインが使われている姿というのは目にする機会がありませんよね。

ポーランドのエルブロンク運河は、現在もインクラインが使われている数少ない運河の一つ。この場所で2017年に撮影された動画をご覧ください。

インクラインを使って船が丘を越えて行く!

運河を運航する一隻の船。

出典:Youtube

なかなかの大きさですよね。

出典:Youtube

船はゆっくりと進み台車に乗りました。後方にはこんな歯車のようなものが。

出典:Youtube

一方、進行方向は水から芝生の丘へ。そこに鉄道のようなレールが敷かれています。

出典:Youtube

すると船を乗せた台車が動き出し、丘の上をどんどん越えて行きます。

出典:Youtube

列車ではなく、船が陸を進む光景なんてかなりレアですよね。

出典:Youtube

運河がストップする地点でわざわざ別の船に荷物を積みかえる手間などを考えると、めちゃくちゃ時短で便利。

出典:Youtube

あっという間に丘を越えて再び運河に出ました。

出典:Youtube

水に入ると台車から降りる船。列車からまた船の形に戻り、再び運河を運航しはじめるのでした。

動画はこちら

現地の観光クルーズ船で体験してみたい!

その昔、水運が主流だった時代や地域では、このインクラインの登場によって多くの人の生活が助けられたでしょうし、画期的で面白い装置ですよね。

動画が撮影されたポーランドのエルブロンク運河にはインクラインが複数敷設されており、観光クルーズ船に乗って実際にインクラインを体験することができるようです。ぜひ一度、現地で体験してみたいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Youtube(Elblag Canal)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事