草木も眠る「丑三つ時」とは何時の事?なぜその時間に幽霊が出るとされるの?

「草木も眠る丑三つ時」という深夜をあらわす言葉がありまよね。
この「丑三つ時」、具体的には深夜の午前2時~2時半だとされています。

この時間は昔から幽霊や鬼などの怪異が出るとされてきた時間です。

そこでここでは、丑三つ時がどのような時間帯を指すのか。
なぜその時間帯に怪異が出るのかということについてご紹介します。

そこには日本の古くからある文化が関係しているようですよ!

丑三つ時は何時を指す?

丑三つ時とは、そもそも何時から何時までを指すのでしょうか?
まずはここで丑三つ時がいつを表すのか確認しておきましょう!

江戸時代までの時刻表示法「延喜法」

「丑三つ時」という言葉は、日本古来の時刻表示法である延喜法に関係しています。

延喜法とは、24時間を十二支で示すものです。
その際、1つの干支を2時間の枠として考えていました。

子を起点に「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」で示し、それぞれが2時間ずつなので合計24時間となります。

さらに1つの干支の中でもさらに時間の分化がされていました。
「一つ時・二つ時・三つ時・四つ時」というものがあり、これは30分間隔で分けるために使われていました。

丑三つ時は午前2時から午前2時半まで!

つまり、丑三つ時は丑の刻の三つ時のことを指すわけです。
これは現在の時間に換算すると、午前2時から午前2時半までとなります。

この時間帯には幽霊や鬼などの怪異が出るとされてきました。

鬼が出ると言われる理由

丑三つ時に幽霊や鬼が出ると言われるのには、ある理由があります。

丑三つ時と方位の関係

丑三つ時というのは古来の時間表示法である延喜法の「丑の刻」と「寅の刻」の間を示しています。

当時はこれらの干支による延喜法では、それぞれが方位も示していました。

丑は北北東の南寄り、そして寅は東北東の北寄りを指しています。
この2つの方角の間を北東になるのですが、この方角には「鬼門」という呼び名もあります。

鬼門は、古くから鬼が出てくる方位とされます。
それがいつしか幽霊が出てくるといわれるようになりました。

そして、方角と時刻が結びつき、丑の刻と寅の刻の間にあたる「丑三つ時」が鬼や妖怪など怪異が現れる時間とされるようになりました。

鬼の姿も鬼門に関係が!

鬼の姿はそんな鬼門の丑(牛)と寅(虎)に由来しているとされています。

鬼といえばどのような姿を思い浮かべるでしょうか?
多くの人は上半身に牛の角、下半身に虎柄のパンツやトラの毛皮を履いている姿を想像するのではないでしょうか。

これは、丑と寅の方位からそのままイメージとして定着したとされています。

もう一つ怪異に出会いやすい時間帯がある

日本ではもう1つ、怪異に出会いやすい時間帯があるとされています。

それは黄昏時です。

黄昏時は古くは「逢魔ヶ刻」ともいいました。
この時間は災いに出会いやすいとされ、古くから恐れられていた時間帯となっています。

他にも「逢魔時(おうまがとき)」や「大禍時(おおまがとき)とも呼ばれているのですが、いずれも夕方の薄暗くなる時刻、昼と夜の移り変わる時刻を指しています。
この時間帯は魔物や災禍に遭遇すると信じられており、幽霊や鬼などの怪異に出会いやすい時間帯とされていたそうです。

特に黄昏時は他界と現実を繋ぐ時間の境目と伝えられており、この時刻には怪異がうごめき始めて災いが起こると信じられていたのだとか!

呪いとして有名な「丑の刻参り」とは

丑三つ時に関連した言葉として「丑の刻参り」という言葉を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。
ここからはそれらの呪術についても解説します。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事