正月だから夜更かししてたら愛犬に怒られたエピソードがかわいい

年末年始の休みも終わり、気持ちも新たに仕事をスタートした方も多いと思いますが、なかなか正月気分が抜けないですよね。

お正月はつい夜更かしもしたくなりますが、その夜更かしをしたことにより、愛犬に怒られちゃった飼い主のかわいいエピソードが話題となっていますのでご紹介していきます。

正月から愛犬に怒られた話

こちらが、投稿された華酉(@hanautafunfun)さんのツイートです。

こちらのワンちゃん、深夜2時に華酉さんの部屋に頭突きで押し入り、布団を荒らしながら絶叫したそうなんです。

ヴォォォォォン!!

犬を飼ったことがある方なら、何となくこの「ヴォォォォォン」がどんな感じか想像つくかもしれませんね(笑)

その後、華酉さんを無言で睨みつけ、華酉さんが「すみません、もう寝ます」と言ったら、「ヴォン!」と言い残して帰っていったそうです。

私も犬を飼っていますが、無言の圧力ほど怖いものはないですね(笑)

つい謝りたくなる気持ち、わかります。

華酉さん自身も、まさかこの歳になって「早く寝ろ!」と激怒されるとは、とツイートされていますが、飼い主さんのことを想っての行動だったのでしょうね!

愛犬がまるでオカン

そして、こちらのワンちゃんに対して「オカンやん」と、まるで面倒見のいい母親みたいであると話題になっています!

たしかに、子供の身体を心配する母親のようです...。

親は、子供がいくつになってもいつも心配してくれますもんね、このワンちゃんも母親目線で怒ってくれてるのでしょう。

犬も家族同然ですからね、素敵なオカンです...!

投稿主の華酉さん

最後に、ツイート主である華酉さんの、犬好きの方に送るおすすめ記事をご紹介します。

ネロも見た!?フランダースの犬と巡る「アントワープ」市内観光

こちらは、日本ではお馴染みの号泣必死の名作「フランダースの犬」の舞台となったベルギーのアントワープという街を紹介した記事です。

ドイツ在住の華酉さんが撮ったアントワープの街並みや、物語の最期を迎えるノートルダム大聖堂の写真と共にフランダースの犬の世界観を味わえる記事となっています。

ドイツ在住の華酉さんは主にヨーロッパの旅行記事を寄稿されています!
コロナ終息後にはぜひ参考にしたい素敵な旅行記を書かれていますので興味がある方はぜひ!
▼華酉さんの記事一覧はこちら▼
https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/789/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事