亀は万年というけど実際寿命は長いのか?最高齢の亀の年齢も紹介

長い寿命で有名な亀ですが、ペットとして飼育すればもっと長生きすると言われているのはご存じでしょうか?実際の寿命や生態について解説します!

亀とは

亀は海洋や砂漠、森林などといった色々な環境で生息しています。陸棲種のリクガメや、海棲種のウミガメなどは亀の中でも主流です。
そんな様々な種がいる亀ですが、河川や湖沼などの淡水域で生活しているのがほとんどです。
ほとんどの種が水から離れない場所に生息しておりますが、唯一リクガメのみ陸上で生涯を過ごします。

食べる物は種によって異なりますが、ササミやエビ、フルーツなど人間が食べるものも食べられます。乳製品や加工品は、消化が出来ない体質の為、食べさせてはなりません。

亀は卵生ですが、水の中で卵を産むのは一部です。多くの種は、陸で卵を産みます。
ウミガメは普段は水の中で過ごしていますが、産卵の時期になると陸に上がり卵を産み、また海へ戻ります。

亀の寿命


亀の寿命や世界で長く生きた亀についてご紹介いたします!
また、「亀は万年」と聞いたことがあると思いますが、由来はご存じでしょうか?

「亀は万年」は中国由来?

「鶴は千年、亀は万年」は長生きの祝福や縁起の良い時に使う言葉ですが、由来は中国にあるそうです。
中国の伝説には「仙人」が登場します。その仙人は不老不死の力を得た神よりも力の強い存在です。
仙術を用いて空中を移動する際に鶴、水中を移動する際に亀に乗って移動していたと言われています。不老不死の仙人に仕えていたので、鶴と亀は長寿の縁起物だと言われるようになりました。
実際に中国の百科事典では、「鶴歳千歳、亀歳三千歳」と書かれており、語呂が良い「鶴は千年、亀は万年」に変化したそうです。

実際の亀の寿命

亀は平均して約30年生きるそうです。短くても約15年、100年以上生きた例も確認されています。
ペットとして飼育すると長生きする理由は、亀に必要な環境を人が作ってあげられるからです。
水温管理や日光浴が出来る場所を作ってあげると寿命が延びます。

身近な亀の寿命

ペットとして飼われることも多いミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)の寿命は約30年位と言われており、ペットとしてはかなり長生きですよね!同じくペットとして飼われるクサガメの寿命は30年~40年程で、ミドリガメよりも長生きすると言われています。
身近な亀でも30~40年生きるので、やはり亀は長寿な種族ですね。

ウミガメ

海で過ごすウミガメは、正確な寿命が分かっていませんが、約70年~80年程だと言われていて
ウミガメは比較的寿命が長いですが、大人になれるウミガメはわずかです。大体5000匹に一匹しか大人になれないので、ウミガメのほとんどが絶滅危惧種に指定されています。

亀の中でも寿命が長いのはゾウガメ

リクガメの中でも大型のゾウガメは最も長生きすると言われており、約100年から150年程です。
ほとんどが100年以上生きると言われ、陸棲生物の中では地球上で最も長寿の部類であると言われています。

世界最高齢の亀

「アラバ」は344歳!?

ナイジェリアの亀「アラバ」が2019年に死を迎えました。当時の年齢は344歳だったと言われています。
観光客からも人気があり、毎日のように観光客とおもてなしをしていたそうです。
ですが、このアラバの年齢は確実なものではなく、専門家の中では「この種の亀が長生きするはずがない」と疑問視する声もあります。
「アラバ」はリクガメではありますが、最も大きく長寿であるゾウガメではないことからも344歳という年齢は疑問視されているようです。

「アドワイチャ」は250歳?

インドも動物園で飼育され2006年に亡くなった「アドワイチャ」(アルダブラゾウガメ)は250歳以上生きた可能性があると言われています。
動物園に残っている記録から、150年以上生きたことは確実であり、現在は甲羅から実際の年齢を調べる試みがあるそうですが、現在のところその結果はまだわかっていないようです。

現役最高齢「ジョナサン」

現在、地球上の生き物で最高齢なのが「ジョナサン」(アルダブラゾウガメ)です。
その年齢、2021年でなんと188歳です。
一度病気になり、元気がなくなってしまいましたが、現在は回復し物凄く元気になっています。

まとめ

亀の生態から寿命についてまとめてみました。
推定寿命を大きく超えて生きている亀も珍しくなく、200歳を超える例もあるのがびっくりですよね。
これを機に亀を飼育してみても楽しそうですね!

因みに人類で250歳まで生きたとされる人の記事もあるので併せてお読みください。
世界一長生きした人物は256歳!?桁違いの長生き「李 青曇」とは何者!?

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事