一理ある...在宅勤務に関して描かれた漫画にドキッとする人続出

2020年より急速なスピードで猛威を振るった新型コロナウイルスにより、日本人の「働き方」もこの1年間で大きく変化しました。

これまで日本では「在宅勤務」「テレワーク」と言った働き方を採用する企業はほとんどなく、会社に集まっての対面業務が当たり前だったのですが、コロナ禍では会社に出社しない・あるいは出社回数を極端に減らすといった方針をとる企業が急増しています。

今回はTwitterで話題になっている「在宅勤務が合わない人」に関する漫画をご紹介します!

在宅勤務が合わない人

今回ご紹介する漫画はうさぎのみみちゃん(@usagitoseino)さんがTwitterに投稿し大きな反響を呼んだもの。

うさぎのみみちゃん(@usagitoseino)さんが働く会社でも基本的には在宅勤務の体制が取られており、定期的に出社日が設けられているようなのですが、これは出社日のちょっとした会話での出来事。

これは在宅勤務を経験したことがある方であれば「確かにそういう人いるわ....」と共感してしまう人も多いのではないでしょうか?
また、コメント欄では「僕が思いっきりそのタイプです...」「こうならないように注意している」と言ったような漫画のようなケースが自分に当てはまらないよう懸念している方もチラホラ。

在宅勤務やリモートワークになると、これまで何気なくできていた同僚や上司とのコミュニケーションがほとんどなくなってしまうもの。
これまで見えていたお互いのオーラを察するということは非常に難しくなってきます。

在宅勤務やリモートワークではこれまでの通常勤務以上に分からないこと・出来ないことに対するアラートをしっかりとあげていかないと、いつかパンクしてしまうというのは一理ありますよね。

Tweetはこちら

うさぎのみみちゃんに注目!

今回ご紹介した漫画を投稿されたうさぎのみみちゃん(@usagitoseino)さんはTwitter上で他にも多くの方の納得を生む漫画を投稿されています。
今回の漫画に共感した、という方は是非うさぎのみみちゃん(@usagitoseino)さんをフォローしてみて下さい♪

また、うさぎのみみちゃん(@usagitoseino)さんは本も出されているのでそちらも要チェックです!
戦うみみちゃんと不条理な世界
自己肯定感の低いワタシちゃん

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事