まるで絵画の世界!岐阜県の名所「モネの池」で撮影された写真が神秘的で美しすぎる!

以前FUNDOで、京都・伏見の十石舟が写る幻想的な夜景ショットをご紹介しましたよね。

その撮影者であるフォトグラファーのまちゅばら/Hiroki Matsubara(@mpmb7)さんが、またしてもとんでもない作品を生み出しました!

岐阜県の名所、通称「モネの池」で撮影された“絵画のような世界”をご覧ください。

現実とは思えない景色

画家のクロード・モネの代表作『睡蓮』を彷彿とさせることから、「モネの池」と呼ばれる人気スポット。
その地でまちゅばらさんが撮影した3枚の写真がこちらです。

出典:Twitter(@mpmb7)
出典:Twitter(@mpmb7)
出典:Twitter(@mpmb7)

  
初夏を感じさせるみずみずしい若葉、透き通るエメラルドグリーンの池、悠々と泳ぐ色鮮やかな鯉。

静寂に包まれたような雰囲気もそうですし、色の濃淡や光と影のニュアンスなど繊細な表情が見事に写し出されています。
この世とは思えない神秘的で美しい景色は、まるで絵画の世界です。

まちゅばらさんの手にかかると、ここまで幻想的に切り取ることができるんですね。

撮影中の動画がこちら

また、まちゅばらさんは撮影中の様子も動画で紹介しています。

このような距離で撮影されているんですね。
動画で見ても美しい景色で、「モネの池」に行ってみたくなった方も多いのではないでしょうか。

まちゅばらさんのインスタも必見!

まちゅばらさんの写真がもっと見たい!という方は、ぜひInstagramを覗いてみてください。
美しい作品の数々に心揺さぶられること間違いありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事