「友達になろうよ」子供たちのやさしい読み聞かせが不安がる犬を救う

Shelt
出典:hsmo.org
犬が入ったケージの前に座り、本を読んでいる子供たち、一体何をしているのでしょうか?

これは、アメリカミズーリ州の動物愛護協会が行っている犬たちの不安を取り除くための読書プログラムです。保護されたものの、慣れない環境に不安を感じストレスを溜めてしまう犬をケアするため、月に1度開催されています。

このプログラムは、子供たちが静かに読書をしている様子を見せることで、不安がっている犬の興味を惹き、子供たちの感情に共感させることで安心させるものです。
yomikikase
出典:YouTube
子供たちが行うこの活動は、狭いケージや知らない人との接触でストレスを感じている犬たちを救うための有効な手立てのひとつとなっています。

子供たちのやさしさに支えられたプログラム

プログラムに参加する子供たちはすべて10時間にも及ぶ講習を受けることで、犬がどんな感情を抱いているかをある程度見抜けるようになります。そして、それぞれの犬に最適な行動をとりケアするのです。
kousyu
出典:Facebook

そのため、中にはただ読書をするだけでなく、犬に本を見せてあげたり、二人がかりで犬の相手をする子供もいます。
kids
出典:hsmo.org

ShelterRead
出典:Instagram

そんな犬のためを想った行動に安心して寝てしまう犬もいるのですから読書の効果は抜群だと言えますね。
nemuru
出典:YouTube

多くの子供たちのやさしさで支えられるこのプログラムが続き、これからも保護された犬たちが少しでも幸せになることを願っています。そして、同じように苦しむ犬がいる日本にもこのような活動が広まってくれることを祈らずにはいられません。
Sh
出典:Instagram

<読書プログラムの様子>

出典:YouTube


出典:Youtube / hsmo.org / Facebook


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事