眺めていたらおばあちゃんちを思い出した!ハープの楽譜があの懐かしいものに似ていると話題に

620fe1cf3bef400f800826d4444d2434_s_600
いまTwitterで、とある曲のハープのパート譜がおばあちゃんの家を思い出すということで話題になっています。

その投稿をしたのは、Twitterユーザーのらいぶらり庵(@ssolibrary)さん。

楽譜の調達と管理を専門的に行う「オーケストラライブラリアン」のお仕事をしているらいぶらり庵さんは、そのパート譜をしばらく眺めていたら思い出してしまったそうです。

早速、その楽譜をご覧ください!

C260nszUAAAztP4_640

出典:Twitter

こちらは、イギリスの作曲家グスターヴ・ホルストが作曲した組曲『惑星』のハープの楽譜。

みなさん、この楽譜を見て何かに似ていると思いませんか!?

そうです、おばあちゃんの家などでよく見る『玉のれん』なんです!

C261L4pUQAAHyWy 出典:himawarizz.exblog.jp

こちらは秋田にあるヒマワリ雑貨店で販売されている玉のれんなのですが、たしかに似ていますよね!

むしろ、だんだんその楽譜が玉のれんにしか見えなくなっちゃった(笑)

<投稿を見た人の反応は…>

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

いかがでしたか?玉のれんの写真を見て、なんだか私もスッキリしたような気がします。しかも、久しぶりにこの玉のれんを見たので懐かしさも感じますよね。

今回ご紹介した楽譜の曲は、2017年4月21日、22日に札幌コンサートホールKitaraで開催される「札幌交響楽団 第598回定期演奏会」で実際に演奏するそうです。ぜひ公演情報を下のリンクでチェックしてみてくださいね。

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra-「札響」- 公式サイト



出典:Twitter / himawarizz.exblog.jp

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加