テニスの大会に保護施設から選ばれたワンコが「ボール犬」として登場! 過去には飼い主が決まる効果も

mainmain 出典:YouTube


テニスの大会に、保護施設から選ばれたワンコが「ボール犬」として登場!過去には飼い主が決まる効果もあったとして話題となっています!

3月開催のテニス「ブラジル・オープン」の試合会場に、ボールを拾う「犬」6匹が登場する見通しとなりました。大役を任された犬の年齢は4歳から10歳まで。クレーコートで実施される同大会の準決勝および決勝に備えた練習時間に、ボールを拾い集めるそうです。

出典:www.instagram.com


昨年実施されたブラジル・オープンでは、犬4匹が同じ役割を任せられて話題を集めていました。4匹は地元の犬保護施設から選ばれていたもので、その後、全ての犬の飼い主が決まる効果もあったといいます。

WS000007_R 出典:YouTube

こんな感じでワンコが登場!素早くボールを加えて選手のもとへ運びます。
664xjL 出典:YouTube

選手の前を素通りしていっちゃうこともあったり…。
WS000003_R 出典:YouTube

はい、ボールだワン♪
WS000006_R 出典:YouTube

WS000009_R 出典:YouTube

微笑ましい光景ですね。試合中に和みすぎてしまうかも!?

WS000010_R 出典:YouTube


この「ボール犬」起用の企画を立案したのは地元のペットフード企業。同企業のスタッフは「これらの犬が過去に直面した苦難に焦点を当てることではなく、どんなにひどい目に遭っていたとしても、現在や未来において、人間の偉大な仲間になることが出来るということだ」とメッセージを発信しています。

アイディアも素敵ですし、犬にとっても人間にとっても喜ばしい企画だと思います!


動画はこちら

出典:YouTube


出典:www.youtube.com / www.cnn.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加