「もし言葉が話せたら…」愛犬の最期の想いを伝えるムービーが涙なしには観られない。

main 出典:YouTube


ご紹介するのは、ショーンウェーリング監督のショートムービー「IF I COULD TALK (もし言葉が話せたら)」

とても可愛らしく癒やしの存在のペットは、飼い始めれば家族になります。それでも人間より短い一生… いつか終わりは訪れてしまいます。ペットの最期については常々考えさせられます。


男性がジョギングしていると、黒い袋を見つけました。中から出てきたのは、小さな仔犬。この仔犬を助けたことからこのムービーは始まりますが、犬の物語ではありません。

01 出典:YouTube

私はあなたに知って欲しいです。
私を救ってくれてありがとう。
私を愛してくれてありがとう。

私はあなたに知ってほしい。
あなたが私のためにやってくれたこと全て。このことも。
私を想ってのことだと。


02 出典:YouTube

03 出典:YouTube

04 出典:YouTube

05 出典:YouTube

あなたは恋をして、家族ができました。
そして、たくさんの冒険をしました。


06 出典:YouTube

07 出典:YouTube

08 出典:YouTube

09 出典:YouTube

私はまだあの日を覚えています。
私はあなたと一緒に見上げた空でも永遠に走れると思っていました。


10 出典:YouTube

私は、年をとりました。
私は疲れました。怪我もしています。

もう、時間です。

私はあなたが一緒にいてくれて、とても嬉しかった。
何も恐れるものはありません。


11 出典:YouTube

12 出典:YouTube

「私の好きな、耳の後ろを撫でて。」
全ては、うまくいく。
私はあなたと話すことができたら、伝えたい。
なぜなら、私はあなたが悲しんでいることを知っているから。
そして、私はあなたを本当に愛していると伝えたい。


13 出典:YouTube

14 出典:YouTube

すべてのことにありがとう。
私には、素晴らしい時間だった。


15 出典:YouTube

16 出典:YouTube

ー犬を愛するまで、考える事はなかった。ー

ペットは最期まで飼い主に忠実です。治療を続けることが全てではないのかと、最期まで迷い、辛い決断をしなければならない時がくる事もあると思います。それでも、ペットは最期まで飼い主を受け入れ、愛しているということを伝えたかったと感じました。人間の子どもが親を愛しているように。

安楽死の選択は増加していますが、可能な限り最期まで一緒にいて欲しい、その思いだけは実現させてあげて欲しい。そう感じました。

人それぞれの見方はあるかもしれませんが、犬の想いを伝えたムービーをご覧ください。

動画はこちら



出典:YouTube

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加